Press Release


+ 客室を追加する


プレスリリース

シャングリ・ラ ホテル 東京 シャングリ・ラ ホテル 東京とFAUCHONによるアフタヌーンティー オリジナルエクレアを提供

東京駅上空で家族を思いやるように温かくお客さまをお迎えするシャングリ・ラ ホテル 東京(2009年3月開業、所在地:東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館 総支配人:イェンス・モスカー)は、2015年6月1日(月)から30日(火)までの期間、ラウンジ&バー「ザ・ロビーラウンジ」にて、FAUCHON(フォション)とコラボレーションした『FAUCHONアフタヌーンティー』と『FAUCHONアフターファイブ』を提供します。ペストリーが織りなす芸術的な世界をご体験いただき、さらにオリジナルメニューのラインアップをお届けします。

FAUCHONの日本デベロップメントシェフ アントニー・ステットレーと、シャングリ・ラ ホテル 東京のエグゼクティブ ペストリーシェフ 岡村直也が多彩な専門技術と想像力を結集させ、オリジナルの『FAUCHONアフタヌーンティー』を完成させました。そして、フランスとアジアのテイストを融合させたユニークなご体験ができるよう、工夫を凝らしました。FAUCHONの代表的なペストリーであるエクレアに、シャングリ・ラ ホテル 東京のロゴマークを彩ったデザイン性の高いものをはじめ、シェフ ステットレーがこのたび、日本で初めて披露するフォアグラとサーモンを使用した塩味の効いたエクレアなど、オリジナリティー溢れる品々をご用意しました。さらに、ザ・ロビーラウンジで提供している20種類以上の紅茶に加え、FAUCHONの人気フレーバー、アップルティーをはじめ、FAUCHON特有の香り高いフレーバーティーのセレクションをご用意し、お好きなものをお好きなだけご堪能いただけます

一方、シャングリ・ラ ホテル 東京のエグゼクティブ ペストリーシェフ 岡村は、アジアに原点のあるホテルならではの、大人気のマンゴープリンをこのたび、復活させます。ココナッツミルクの濃厚な風味、なめらかな舌触りとタピオカのもっちりとした食感が癖になる一品です。さらに、抹茶特有の苦味と、抹茶クリームのほのかな甘味のハーモニーが心地よい抹茶ケーキで、和菓子の要素も表現します。

さらに、平日18時からは『FAUCHONアフターファイブ』を提供します。フォアグラ、サーモン、ピスタチオのエクレアや、お洒落なフィンガーフード、さらに約10種類以上のスパークリング・赤・白のワインやカクテルをフリーフローでお楽しみいただけます。加えてFAUCHONのシャンパンもお愉しみいただくこともできます(別途料金を申し受けます)。

『FAUCHONアフタヌーンティー』をいただき、ピアノのライブ演奏を聴きながら優雅な午後のひとときを。あるいは、『FAUCHONアフターファイブ』で、東京上空から夜景を眺めながら寛ぎのカクテルタイムを。二人のペストリーシェフがフランスと東京の味と美しさを追求した芸術的なペストリーの世界をぜひご体験ください。

 

『FAUCHONアフタヌーンティー』
期間: 6月1日(月)~6月30日(火)
場所: シャングリ・ラ ホテル 東京 「ザ・ロビーラウンジ」 28階
時間: 14時~17時30分(平日) / 13時30分~17時30分(週末・祝日)
料金: 4,300円 (消費税と15%のサービス料を別途申し受けます。)

『FAUCHONアフターファイブ』
期間: 6月1日(月)~6月30日(火)
場所: シャングリ・ラ ホテル 東京 「ザ・ロビーラウンジ」 28階
時間: 18時~21時 2時間のご利用 (平日のみ)
料金: 5,000円 (消費税と15%のサービス料を別途申し受けます。)

 

FAUCHON(フォション)について
1886年、フルーツや野菜の行商人であった創業者オーギュスト・フォションが、スパイスや鮮魚、ワインやハムなどを扱う食料品専門店をフランス・マドレーヌ広場にオープン。1890年代にはワインセラー、ベーカリーやパティスリーを次々と開業させ、「珍しくて極上の食品だけを提供する」ことをモットーに、フランスの美食界をリードし続けています。1972年には海外一号店として日本橋髙島屋にフォションブティックがオープン。さらに2003年には、カフェやショコラといった従来のエクレアとはひと味ちがう、ポップなカラーのオレンジ味のエクレアを発売し、パリのみならず、日本にもエクレアブームが広がりました。2004年からは、よりデザイン性の高いエクレアの販売を開始。絵画をプリントしたり、多彩なカラーを用いた独創的なエクレアは、今やブランドの代名詞 的な存在となっています。

 

アントニー・ステットレー
フランス東部ロレーヌ生まれ。ラ・ロシェルの製菓・調理学校を卒業後、パリの「ジョルジュ・サンク」「タイユヴァン」、フィリップ・コンティシーニの元で、パティシエの経験を積む。2004年に来日し、「ピエール・エルメ」、「ラ トゥール ダルジャン」などを経て、2014年FAUCHON日本デベロップメントシェフに就任。

 

ザ・ロビーラウンジについて
ザ・ロビーラウンジでは、東京の上空からの素晴らしい景色を眺めながら、エレガントで落ち着いた空間でお飲み物と軽食をお楽しみいただけます。軽食では、マレーシア人シェフが腕を振るうなし後レンやチキンサテーなど、ホテルでは珍しいマレーシア料理を中心としたアジアンスペシャリティーをはじめ、オールディダイニングとしてインターナショナルメニューを取りそろえています。紅茶やコーヒーも、オリジナルブレンドや季節のフレーバーティーなどを多数ご用意し、充実したコレクションとなっております。昼間はピアノのライブ演奏を聴きながら季節のアフタヌーンティーで優雅な時間を、夜は3方向に広がる夜景を堪能しながら寛ぎのカクテルタイムをお過ごしいただけます。

 

岡村直也について
岡村直也はホテルニューオータニ東京にて約20年勤務し、ホテル内のピエール・エルメ・パリやトゥールダルジャン東京店のペストリーシェフとして経験を積み、2011年3月にシャングリ・ラ ホテル 東京のエグゼクティブ ペストリーシェフに就任しました。クラシカルなデザートから斬新なアイディアのスイーツまで幅広くこなし、また日本人好みの味も研究。シャングリ・ラ ホテル 東京らしい味やデザインを、各レストランのデザートやアフタヌーンティー、そしてウェディングケーキで表現しています。

 

シャングリ・ラ  ホテル 東京について
シャングリ・ラ ホテル 東京は、シャングリ・ラ ブランドにおける日本初のホテルとして2009年3月2日に開業。東京駅に隣接する37階建ての複合ビル、丸の内トラストタワー本館の最上階11フロアを占めます。総客室数200のホテル内には、2つのレストラン、イタリア料理「ピャチェーレ」、日本料理「なだ万」に加えて、ロビーラウンジが併設されています。また、日本初開業の「CHIスパ」では古代中国から伝えられるヒーリングセラピーをご案内しています。6つのトリートメントルームと東京で最大規模のスパスィートを備えている「CHIスパ」は、古代中国より伝わるヒーリングセラピーを提供し、日本で唯一の「CHIスパ」です。シャングリ・ラ ホテル 東京は2012年トリップアドバイザーによるトラベルズチョイスアワード™を受賞しました。さらにInstitutional Investorがユーザーに実施したアンケート調査にもとづき、World’s Best Hotels of 2013で1位に選ばれました。シャングリ・ラ ホテル 東京についてのお問い合わせは、(03)6739-7888にご連絡いただくか、当社のウェブサイトhttp://www.shangri-la.com/jp/tokyo/shangrila/をご覧ください。

 

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツについて
香港を拠点とするシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、「シャングリ・ラ」のブランド名で現在90 軒のホテルを世界で所有・運営し、総客室数37,000以上を有する、世界有数のホテルグループです。シャングリ・ラ ホテルは、5つ星のデラックスホテルで、広範囲にわたる高級施設やサービスを提供しています。シャングリ・ラ ホテルは、オーストラリア、カナダ、中国、フィージー、フランス、香港、インド、インドネシア、日本、マレーシア、モルジブ、モーリシャス、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、オマーン、台湾、タイ、トルコ、アラブ首長国連邦およびイギリスに所在しています。現在当グループは、中国、カンボジア、インド、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、カタール、スリランカでプロジェクトが進行中です。ご予約やご質問等は各旅行代理店、またはhttp://www.shangri-la.com/jp/  までお問合せください。

香港を拠点とするシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは現在、100軒以上のホテルを世界で運営し、総客室数41,000以上を有するホテルグループです。シャングリ・ラ ホテルは、5つ星のデラックスホテルで、高範囲にわたる高級施設やサービスを提供しています。シャングリ・ラ ホテルは、オーストラリア、カナダ、中国、フィージー、フランス、インド、インドネシア、日本、マレーシア、モルディブ、モーリシャス、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、カタール、シンガポール、スリランカ、オマーン、台湾、タイ、トルコ、アラブ首長国連邦およびイギリスに所在しています。現在当グループは、中国、カンボジア、香港、インドネシア、マレーシアやサウジアラビアでプロジェクトが進行中です。ご予約やご質問等は各旅行代理店、またはwww.shangri-la.com までお問合せください。

プレスお問合せ

飯塚 かんな
コミュニケーション ディレクター

電話番号

(03) 6739 7252

ファックス

(03) 6739 7879

メール

各国/地域のプレスのお問合せ先