Press Release


プレスリリース

Shangri-La Hotel, Surabaya Participates in World Down Syndrome Day

Surabaya, 21 March 2014 – Shangri-La Hotel, Surabaya, in cooperation with BKKKS (Coordinating Council for Social Welfare Activity) today celebrated World Down Syndrome Day at Ballroom on 21 March 2014.  The event, themed “We Believe in Their Competence to Help Themselves”, was attended by 160 children with Down syndrome from 21 schools and foundations catering to children with disabilities around East Java, such as Pasuruan, Tuban, Batu, Jombang, Sidoarjo, Malang, Pandaan, Gresik and Surabaya.

“This is second year we are supporting this activity; we encourage all to join our activities and events to help raise awareness of what Down syndrome is, what it means to have Down syndrome and how people with Down syndrome play a vital role in our lives and communities,” said Martin Brenner, general manager of Shangri-La Hotel, Surabaya, in his opening speech.

The activity opened at 6:30 a.m. with a marching band from MI Nurul Huda (an elementary school supported by Shangri-La’s CSR programme), followed by aerobic, a fun walk, tree planting and proper hand-washing activities.

The activities did not stop there, but continued at Ballroom with various programmes, including a kid’s cultural show, fashion show, ballet and entertainment for the children by Surabaya’s famous entertainer and a magician.  Games were also part of the programme.
 
Additionally, a team of psychologists from Surabaya state-owned University of Airlangga, private-owned University of Wijaya Kusuma and Dr. Soetomo Hospital gave free health consultations for families with Down syndrome children.  To help raise funds, a garage sale was held for the public.  All the proceeds will support children with Down syndrome.
 

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、さまざまなステークホルダーの関心のバランスをとりながら、経済的、社会的、そして環境的な責任を持った運営に専念し続けています。企業レベルによる企業の社会的責任(CSR)委員会は、コーポレート・シティズンシップ(社会の一員としての企業の責任・義務)や環境維持開発におけるリーダー的存在を目指しながら、環境、健康と安全、社員、サプライヤー、ステークホルダーとのかかわりといった戦略的分野における企業としての取り組みを促進しています。サステナビリティの取り組みのもと、シャングリ・ラの社会的責任プログラムは、「エンブレイス」と「サンクチュアリ」の主要部分として実施されています。「エンブレイス」は、恵まれない地域社会における最高レベルの教育や健康支援を促進することを目指す、シャングリ・ラのケア・フォー・ピープル・プロジェクトに重点を置いています。シャングリ・ラのケア・フォー・ネイチャー・プロジェクトに集中する「サンクチュアリ」プログラムは、生物多様性の保護や回復を促進しています。詳細に関しましては、ウェブサイトのCSRセクションをご覧ください。

プレスお問合せ

デービッド・アルル・プラガサム
ダイレクター・オブ・セールス&マーケティング

電話番号

(62 31) 6003 6851

ファックス

(62 31) 566 1570

住所

Jl. May. Jend. Sungkono 120, Surabaya 60256, Indonesia

メール

各国のプレスのお問合せ先