Press Release


プレスリリース

Shangri-La Hotel, Qingdao participates in Earth Hour 2014

Qingdao, China, 26 March 2014 – Earth Hour is a global WWF climate change initiative for energy conversation. Shangri-La Hotel, Qingdao will actively participate in Earth Hour 2014, which is scheduled from 8:30 to 9:30 p.m. on Saturday, 29 March 2014. This is the 7th consecutive year the hotel has participated Earth Hour.

Shangri-La Hotel, Qingdao’s management and staff will observe Earth Hour through several activities that show the hotel’s support of environmental protection and energy conservation. These activities will be emphasised at the lobby area, restaurants, hotel exterior as well as heart of house. At the scheduled time, all non-essential lights and electrical appliances will be switched off. The hotel will set up a free “Taste the Nature” station in the City Wing lobby, which provides organic vegetables and fruits.

Shangri-La Hotel, Qingdao has been actively involved in social public charity activities, committed to environmental protection and promoted corporate social responsibility activities. We firmly believe that we can enhance staff and guest awareness of environmental protection through this activity,” said Henry Lee, the hotel’s general manager.

Participating in Earth Hour is only one small part of the hotel’s environmental efforts. As an ISO 14001-certified hotel, Shangri-La Hotel, Qingdao has implemented green programmes to identify ways to reduce wastage, eradicate practices that damage the environment and generally promote environmental awareness. Examples of these practices include using energy-saving bulbs and biodegradable cleaning materials, water restrictors and sewage treatment facilities to prevent water pollution.

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、さまざまなステークホルダーの関心のバランスをとりながら、経済的、社会的、そして環境的な責任を持った運営に専念し続けています。企業レベルによる企業の社会的責任(CSR)委員会は、コーポレート・シティズンシップ(社会の一員としての企業の責任・義務)や環境維持開発におけるリーダー的存在を目指しながら、環境、健康と安全、社員、サプライヤー、ステークホルダーとのかかわりといった戦略的分野における企業としての取り組みを促進しています。サステナビリティの取り組みのもと、シャングリ・ラの社会的責任プログラムは、「エンブレイス」と「サンクチュアリ」の主要部分として実施されています。「エンブレイス」は、恵まれない地域社会における最高レベルの教育や健康支援を促進することを目指す、シャングリ・ラのケア・フォー・ピープル・プロジェクトに重点を置いています。シャングリ・ラのケア・フォー・ネイチャー・プロジェクトに集中する「サンクチュアリ」プログラムは、生物多様性の保護や回復を促進しています。詳細に関しましては、ウェブサイトのCSRセクションをご覧ください。

プレスお問合せ

サニー・ジャン
ダイレクター・オブ・コミュニケーション

電話番号

(86 532) 8388 3838 内線 6414

ファックス

(86 532) 8388 7582

メール

各国のプレスのお問合せ先