Press Release


プレスリリース

Makati Shangri-La, Manila Continues to Support the Environment with its New Paperless Check-in and Check-out System

Makati Shangri-La, Manila has recently launched its new paperless check-in and check-out system, which is a first in the Shangri-La hotels and resorts in the Philippines. With an investment totaling more than P4 million in equipment and system upgrade to accommodate this new process, the paperless check-in and check-out system is made even more seamless and cost-effective with a drastic decrease in the consumption of resources.  

In line with Makati Shangri-La, Manila’s efforts to support the environment through the company’s corporate social responsibility (CSR), this new technology easily allows guests to access their stay details with a click on a tablet computer, while checking in and out of the hotel can be done simply by signing on the tablet using a stylus. The guest receives the billing receipt electronically via e-mail for reference. This new paperless check-in and check-out system allows the hotel to save on its yearly paper consumption of more than 200 reams of registration cards and more than 800 reams of guest folios, translating to an estimated saving of P1.2 million.

As a certified ISO 14001 establishment, Makati Shangri-La, Manila ensures that the hotel upholds high quality and standards while significantly saving on its energy usage and consumption.  This new process not only supports the environment, but also provides guests with a more streamlined and seamless check-in and check-out experience.  

For more information on Makati Shangri-La, Manila’s CSR initiatives, please call (632) 813 8888 or e-mail slm@shangri-la.com.  Alternatively, visit the website at www.shangri-la.com.   

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、さまざまなステークホルダーの関心のバランスをとりながら、経済的、社会的、そして環境的な責任を持った運営に専念し続けています。企業レベルによる企業の社会的責任(CSR)委員会は、コーポレート・シティズンシップ(社会の一員としての企業の責任・義務)や環境維持開発におけるリーダー的存在を目指しながら、環境、健康と安全、社員、サプライヤー、ステークホルダーとのかかわりといった戦略的分野における企業としての取り組みを促進しています。サステナビリティの取り組みのもと、シャングリ・ラの社会的責任プログラムは、「エンブレイス」と「サンクチュアリ」の主要部分として実施されています。「エンブレイス」は、恵まれない地域社会における最高レベルの教育や健康支援を促進することを目指す、シャングリ・ラのケア・フォー・ピープル・プロジェクトに重点を置いています。シャングリ・ラのケア・フォー・ネイチャー・プロジェクトに集中する「サンクチュアリ」プログラムは、生物多様性の保護や回復を促進しています。詳細に関しましては、ウェブサイトのCSRセクションをご覧ください。

プレスお問合せ

レスリー・アン・タン
ダイレクター・オブ・コミュニケーション

電話番号

(63 2) 813 8888 内線 7022

ファックス

(63 2) 813 5065

メール

各国のプレスのお問合せ先