Press Release


+ 客室を追加する


プレスリリース

Nadaman at Kowloon Shangri-La, Hong Kong Presents New Set Dinner Menus

Nadaman at  Kowloon Shangri-La, Hong Kong Presents New Set Dinner Menus

Head Chef Takao Kojima of Nadaman at Kowloon Shangri-La, Hong Kong presents a selection of new set dinner menus using fresh imported ingredients from Japan.  With prices starting at only HKD 450 per person, each set dinner menu includes an appetiser, sashimi, simmered dish, salad, soup, main course and dessert.

Gourmet choices include the Grilled Japanese Eel Rice Set, Charcoal Grilled Fish Set, US Beef Teriyaki Set and Chicken Teriyaki Set. Non-meat eaters or vegans can opt for Vegetarian Dinner set featuring seasonal produce prepared in a number of ways.

Having worked for Nadaman for 20 years, talented Chef Kojima brings together the finest seasonal ingredients to create modern, yet timeless Japanese dishes that embody the century-long culture of Nadaman.

Located on Lower Level 2, Nadaman’s interior incorporates strong Japanese flavours with a contemporary twist.  Combining a range of Japanese dining experiences within one restaurant, Nadaman’s main dining area includes a sushi bar, double teppanyaki grills and a private teppanyaki room.  The teppanyaki room seats up to 16 persons and is also known as the T-room for its long T-shaped table with a teppanyaki grill at the end.  It features a cooking theatre with a dedicated chef.  A divisible deluxe private dining room and tatami room are also available.  Please call (852) 2733 8898 for reservations.

 

* All prices are subject to a 10% service charge.

香港を拠点とするシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは現在、95軒以上のホテルを世界で運営し、総客室数40,000以上を有するホテルグループです。シャングリ・ラ ホテルは、5つ星のデラックスホテルで、高範囲にわたる高級施設やサービスを提供しています。シャングリ・ラ ホテルは、オーストラリア、カナダ、中国、フィージー、フランス、インド、インドネシア、日本、マレーシア、モルディブ、モーリシャス、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、カタール、シンガポール、スリランカ、オマーン、台湾、タイ、トルコ、アラブ首長国連邦およびイギリスに所在しています。現在当グループは、中国、カンボジア、香港、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、サウジアラビアやスリランカでプロジェクトが進行中です。ご予約やご質問等は各旅行代理店、またはwww.shangri-la.com までお問合せください。

プレスお問合せ

パッツィ・チャン
ダイレクター・オブ・コミュニケーション

電話番号

(852) 2733 8726

ファックス

(852) 2723 4966

メール

各国/地域のプレスのお問合せ先