マルコポーロ

「新鮮な素材を使って、本物のイタリアの味をお届けします」

シェフ マルコ・プリオロ

イタリア料理の達人

シェフ マルコ・プリオロ

イタリア北部のブレシア出身のプリオロシェフは、「すべてのマジックが展開する」キッチンでのキャリアを追及することを強く決意し、14歳の時に料理界へ入りました。シェフになる動機は、子供の頃の経験に由来します。子供の頃、プリオロシェフはハーブや野菜、鶏、豚、兎を育てている祖父母の農場へ頻繁に訪れていました。祖父がサラミを作る様子や様々な食材を扱っている様子を見るのが「楽しい時間」の1つとなりました。こういった影響によりプリオロシェフが料理界へ入るきっかけとなっています。

マルコポーロの総料理長に就任する前、ミシュラン1つ星のアル デスコ イタリアレストラン、ベネチアのホテル・デ・バン、マンダリン オリエンタル ホテル アット ハイドパーク、グランドミレニアム スクムウィットホテル、ムンバイのリーラ ケンビンスキーバレスなど数多くのグランドホテルや高級ホテルで活躍しました。台湾へ移る前には、イタリア、フランス、ドイツ、イギリス、スペイン、タイ、インドなどの国々で経験を積んでいます。

独自の方法で伝統的なイタリア料理に新しい味わいを加えています。イマジネーションやテーストに調和する季節の食材を使って料理を作り上げ、彼がクリエートする料理の数多くは、意外性のある形で表現されています。どの料理にも、視覚、触感、音、香り、味わいの五感を刺激しています。また、プリオロシェフにとって、味わいは、酸味、甘味、塩味、辛味の4つの重要な要素に反映しなければならないと考えています。ゲストのお客様に印象を与える料理作りに専念し、真のイタリアスタイルで質の高い季節の食材を反映したメニューを作り上げています。


電話番号

(886 2) 2376 3156

ロケーション

38階

営業時間

ランチ
11時30分~14時30分
ディナー
18時~21時30分

ドレスコード

スマートカジュアル

お煙草

全席禁煙