Press Release


+ 客室を追加する


プレスリリース

Shangri-La Hotel, Shenyang Participates in Earth Hour: Consume Less, Enjoy More

In response to the call of the World Wide Fund for Nature (WWF), all Shangri-La Hotels and Resorts properties will participate in Earth Hour from 8:30 to 9:30 p.m. local time on 19 March 2016.  The hotels and resorts will turn off lighting in majority of the staff areas and dim the lights in the public areas, restaurants and exterior areas.  

Shangri-La Hotel, Shenyang, as a member of the Shangri-La family, will participate in this year’s Earth Hour with theme of “Consume Less, Enjoy More”.  The hotel also encourages guests to participate by turning off the lights, air conditioning, computers and so on in their rooms during the appointed hour to help build a better future in which people live in harmony with nature and to celebrate their commitment to the planet.

“Protecting the Earth we live in is everyone’s responsibility and daily practice.  It should not be only during Earth Hour.  We also encourage our colleagues to save energy and reduce emissions in our daily work and life to celebrate our commitment to the planet in our own way,” said Raymond Teo, Shangri-La Hotel, Shenyang’s general manager. 

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、さまざまなステークホルダーの関心のバランスをとりながら、経済的、社会的、そして環境的な責任を持った運営に専念し続けています。企業レベルによる企業の社会的責任(CSR)委員会は、コーポレート・シティズンシップ(社会の一員としての企業の責任・義務)や環境維持開発におけるリーダー的存在を目指しながら、環境、健康と安全、社員、サプライヤー、ステークホルダーとのかかわりといった戦略的分野における企業としての取り組みを促進しています。サステナビリティの取り組みのもと、シャングリ・ラの社会的責任プログラムは、「エンブレイス」と「サンクチュアリ」の主要部分として実施されています。「エンブレイス」は、恵まれない地域社会における最高レベルの教育や健康支援を促進することを目指す、シャングリ・ラのケア・フォー・ピープル・プロジェクトに重点を置いています。シャングリ・ラのケア・フォー・ネイチャー・プロジェクトに集中する「サンクチュアリ」プログラムは、生物多様性の保護や回復を促進しています。詳細に関しましては、ウェブサイトのCSRセクションをご覧ください。

プレスお問合せ

エレン・ソング
アシスタント・コミュニケーション・マネージャー

電話番号

(86 24) 2436 6666

ファックス

(86 24)2436 6555

メール

各国/地域のプレスのお問合せ先