Press Release


プレスリリース

シャングリ・ラ ラサ サヤン リゾート&スパ ペナンがボトリング工場に関する情報を発表

RSR Bottling Plant

シャングリ・ラ ラサ サヤン リゾート&スパ ペナンでは最近、リゾート内におけるボトリング工場に関する情報を公表いたしました。ボトリング工場は、シャングリ・ラ ラサ サヤン リゾート&スパとその姉妹リゾートであるゴールデンサンズリゾートの両リゾート用に利用されます。当リゾートは、ボトリングライセンスが認可されたペナンで最初のリゾートです。

飲料水入り1リットルのガラス瓶がペットボトル入りミネラルウォーターに替わります。両リゾートでは、年間約165万本のペットボトル入り飲料水を使用しています。ペットボトルは毎年、一般的にリサイクルされていますが、この新たなプロセスにより、約4,708キロのペットボトル入り飲料水を削減することができます。水源はPBAPP水道公社(ペナン水道供給会社)による水道を利用しています。リゾートの各ゲストルームに、ゲストのお客様用のペットボトルを2本(炭酸ガス入りと炭酸ガスなしの水)を提供する予定です。

ボトリング工場の落成式に出席したエルア衛生担当マネージャーのコー・スー・オーンは、「保険省パッケージ入り飲料水」の許可要件に基づき、2009年食品衛生規制に順守した新しいボトリング工場が設立されたと語っています。ラサ サヤン リゾート&スパは、承認番号KKM 163 (52/P/15) のライセンスを取得しました。

CSR 部門エグゼクティブのアメリア・リムが述べるには、「リゾート内のボトリング工場の設立は、さらに地球に優しい将来に向けた飛躍的進歩です。当リゾートは、リサイクルする必要のあるペットボトル数を削減することができ、その結果、回収材料を新たな形に変える際に必要とされるエネルギー量を減らすことができます。」 

シャングリ・ラ ラサ サヤン リゾート&スパの総支配人であるエレーン・ユーが述べるには、「われわれは、当リゾートの従業員や取引先の同僚、そして価値のあるゲストのお客様と共にこの歴史的な瞬間を分かち合うことができて非常に嬉しく思っています。サバ州の姉妹リゾートであるタンジュン アル リゾートとラサ リア リゾートはすでにリゾート内に自社工場を設立し、ペナンのリゾートも同じことを行うときなのです。企業は時代とともに進展しなければなりません。われわれは、ペナンのホテル間で自立の道を開き、促進することができることを希望しています」

また、環境への影響を最低限に抑えるためのリゾートが行っている日々の取り組みの一環として、その他の環境保護対策がとられています。ポンプを加熱するためのディーゼル燃焼ボイラーから別のものに替えることで、ディーゼル燃料の使用の必要性を完全に抑えることができます。これにより、シャングリ・ラ ラサ サヤン リゾート&スパ ペナンがエネルギー節約やエネルギー効率を実施するその他のホテル経営者間の模範的存在として認められ、SIRIM (M) Sdn Bhd (マレーシアの独立系品質保証機関)による認証を受けました。リゾートはまた、ゲストのお客様のご滞在中に使用される水や洗剤、エネルギーの消耗を削減する際、ゲストのお客様による協力も求めています。経営幹部と社員のためのベストプラクティスは100以上あり、リゾートの経営幹部とスタッフは絶えず、生態系保護の道筋に従うために採用することができる技術を評価し探索しています。

シャングリ・ラ ラサ サヤン リゾート&スパ ペナンは、インドネシア・マナドで開催されたアセアン・ツーリズム・フォーラムにて(4年連続で)アセアン・グリーンホテルアワード2012 - 2014を受賞しています。また、環境におけるベストプラクティスに対してISO 14001認定を受けた組織でもあります。

プレスお問合せ

スレイマン・トゥンク・アブドゥル・ラーマン
ダイレクター・オブ・コミュニケーション

電話番号

(60 4) 888 8650

住所

Shangri-La's Rasa Sayang Resort and Spa Batu Feringgi Beach, 11100 Penang, Malaysia

メール

各国のプレスのお問合せ先