Press Release


プレスリリース

Shangri-La’s - Eros Hotel, New Delhi Celebrated World Earth Day 2014

Art Installation in the Lobby

New Delhi, 23 April 2014 - Every year on 22 April, over a billion people in 190 countries celebrate Earth Day. Like the previous Earth Days, Earth Day 2014 focused on the current unique environmental challenges. As the world’s population migrates to cities; and the bleak reality of climate change becomes increasingly clear, the need to create sustainable communities becomes more important than ever. Earth Day 2014 sought to do just that through its global theme: Green Cities.

This year, Shangri-La’s - Eros Hotel, New Delhi decided to commemorate this occasion by planting tree saplings and contribute towards a greener city. The hotel’s in - house team of florists devised an ingenious way to use dried peepal leaves to design an intricate art installation in the shape of Mother Earth in the hotel lobby.

The staff and guests came together to show their care for the Earth. Guests turned off the lights in their rooms between 8:30 to 9:30 pm on 22 April, 2014. Lights in the lobby and certain restaurant areas were dimmed and candles were used instead.

The inspiring words of “Jane Goodall” are worth remembering on this day set aside to honour Mother Nature.

“You cannot get through a single day without having an impact on the world around you. What you do makes a difference, and you have to decide what kind of difference you want to make.”

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、さまざまなステークホルダーの関心のバランスをとりながら、経済的、社会的、そして環境的な責任を持った運営に専念し続けています。企業レベルによる企業の社会的責任(CSR)委員会は、コーポレート・シティズンシップ(社会の一員としての企業の責任・義務)や環境維持開発におけるリーダー的存在を目指しながら、環境、健康と安全、社員、サプライヤー、ステークホルダーとのかかわりといった戦略的分野における企業としての取り組みを促進しています。サステナビリティの取り組みのもと、シャングリ・ラの社会的責任プログラムは、「エンブレイス」と「サンクチュアリ」の主要部分として実施されています。「エンブレイス」は、恵まれない地域社会における最高レベルの教育や健康支援を促進することを目指す、シャングリ・ラのケア・フォー・ピープル・プロジェクトに重点を置いています。シャングリ・ラのケア・フォー・ネイチャー・プロジェクトに集中する「サンクチュアリ」プログラムは、生物多様性の保護や回復を促進しています。詳細に関しましては、ウェブサイトのCSRセクションをご覧ください。

プレスお問合せ

ジギー・ベアマー
アシスタントマネージャー

電話番号

(91 11) 4119 6121

メール

各国のプレスのお問合せ先