+ 客室を追加する


ダイニング

素材の持ち味を活かした料理を

イラン・シーラーズ産まれのハメド・ガエディ・ボラジャンシェフは、伝統的なイラン料理を作る母親の家族を通じて、料理に対する愛情を見出しました。仕事で世界中を旅し、様々な味わいに応用してきました。 

ハメドシェフは、ボラカイやマニラ、マスカット、シンガポールにあるシャングリ・ラ ホテルで活躍してきました。料理を研究し、料理は最も真実な芸術の形であると考えています。 

ハメドシェフは、マヒハシュ(熱帯魚とミックスリーフ、タマリンド、ペルシャ産スパイス、ニンニク、タマネギ焼きとタマネギとレーズンのチャツネ)やシシュリックケバブ(ラムチョップマリネグリルとタマネギ、ニンニク、ペルシャ産スパイス)などのお勧め料理で評価を得ています。地元の食材を使い、レストランの「ルーテッド・イン・ネイチャー」を発展させることを目標に掲げています。