+ 客室を追加する


企業の社会的責任

シャングリ・ラのサンゴ礁保護プロジェクト

シャングリ・ラ ビリンギリ リゾート&スパ モルディブ

シャングリ・ラのサンゴ礁保護プロジェクト

緑の楽園 美しい自然を楽しむ 

当グループは生物多様性の保全へのコミットメントに沿い、シャングリ・ラの自然保護プロジェクトを立ち上げました。

シャングリ・ラ ビリンギリ リゾート&スパでは、海洋生物や世界的に直面する脅威への関心と認識を促し、エコセンターで提供されるアクティビティを通じて、ゲストの方々に海洋生物の保護に関わる活動に参加してもらうことを目的としたサンゴ礁保護プログラムを導入しています。

エコセンター

教育センターにある知識を与える教材や展示品によって、ビリンギリの自然や海洋生物により親しむことができます。モルディブで求められる海洋保護の促進を目的としたサンゴ礁の植栽などのアクティビティを実施しています。 

サンゴ礁の植栽とリーフケアナーサリー 

リゾートのリーフケアプロジェクトは、サンゴ礁や海洋生物の再生のために、海のサンゴ礁の破片物を植栽することに重点を置いています。植栽されたサンゴ礁は、セレニティベイウォーターヴィラに配置されます。リゾートは2010年にサンゴ礁の植栽をスタートし、300以上のサンゴ礁が植えられてきました。植栽されたサンゴ礁の大部分は、すくすくと成長しています。

サンゴ礁は、地球の全海洋生物んの25%を占めており、海に生息する約4分の1の魚の住処を形成します。熱帯サンゴ礁は赤道の北と南の中間の摂氏30度の場所で、表面水温が摂氏16度未満に下がらないエリアにあります。熱帯サンゴ礁は、1年につき1~100センチの割合で上向きに成長します。かなり長い期間をかけて、巨大な構造を形成し、地球で最大かつ最古の生物系となります。モルディブでは、サンゴ礁は国内のあらゆる場所で幅広く生息しています。

ビリンギリエコツアー

ビリンギリ島には、45種の登録品種の植物や、樹齢150年以上の菩提樹があります。ビリンギリのジャングルでは、イギリスが第二次世界大戦中にアッドゥ環礁に戦略的海軍基地を持っていた時代から残っている植物もいまだに見つけることができます。島の滞在中に、目を見張るようなツアーにご参加いただけます。

ビリンギリ島の海ガメの巣作りと孵化

リゾートのオープン以来、海ガメの巣作りと孵化を行っています。ビリンギリ島では、海ガメの巣作りは季節イベントではないため、すべての巣作りと孵化が記録されているわけではありませんでした。しかし、島周辺の巣作りを定期的に監視しており、現在までで、300件以上の孵化が記録され、海へ戻しています。

リゾートでは、ゲストのお客様が巣を発見された際、子供の海ガメの孵化を観察することをお勧めしております。