Press Release


プレスリリース

Shangri-La Hotel, Kuala Lumpur Donated MYR 180,000 To Heart Patients

Gift of Life - Cheque Presentation

Shangri-La Hotel, Kuala Lumpur, in continuing its commitment towards corporate social responsibility, donated MYR 180,000 from their “Embrace the Gift of Life” Christmas Tree Charity Project to a Bilateral Prothesis patient and seven children who were in need of funds for immediate heart surgeries.

The yearly project has invited individuals and organisations to support the annual fundraising charity project by sponsoring a miniature Christmas tree sugarpiece with a minimum donation of MYR 1,000 in aid of children who are in urgent need of funds for immediate surgeries and medical care. These miniature Christmas tree sugarpieces were stacked on a conical steel structure to form a giant Christmas tree and the donor’s names or company were prominently displayed on the sugarpieces.

The Minister of Tourism, YB Dato’ Sri Dr. Ng Yen Yen was invited to present the funds to the critically ill children together with the hotel’s Vice President / General Manager, Mr. Lothar Nessmann.

Since its inception in 1985, the “Embrace the Gift of Life” charity project has raised more than MYR 3 million to help many critically-ill children from all over Malaysia.

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、さまざまなステークホルダーの関心のバランスをとりながら、経済的、社会的、そして環境的な責任を持った運営に専念し続けています。企業レベルによる企業の社会的責任(CSR)委員会は、コーポレート・シティズンシップ(社会の一員としての企業の責任・義務)や環境維持開発におけるリーダー的存在を目指しながら、環境、健康と安全、社員、サプライヤー、ステークホルダーとのかかわりといった戦略的分野における企業としての取り組みを促進しています。サステナビリティの取り組みのもと、シャングリ・ラの社会的責任プログラムは、「エンブレイス」と「サンクチュアリ」の主要部分として実施されています。「エンブレイス」は、恵まれない地域社会における最高レベルの教育や健康支援を促進することを目指す、シャングリ・ラのケア・フォー・ピープル・プロジェクトに重点を置いています。シャングリ・ラのケア・フォー・ネイチャー・プロジェクトに集中する「サンクチュアリ」プログラムは、生物多様性の保護や回復を促進しています。詳細に関しましては、ウェブサイトのCSRセクションをご覧ください。

プレスお問合せ

ローズマリー・ウィー
エリア・ダイレクター・オブ・コミュニケーション

電話番号

(60 3) 2032 2388 内線 1186/1187

ファックス

(60 3) 2031 4927

メール

各国のプレスのお問合せ先