Press Release


プレスリリース

Shangri-La Hotel, Guilin Awarded HACCP Certification

Guilin, China, 1 August 2013 – Shangri-La Hotel, Guilin is the first five-star hotel awarded the prestigious Hazard Analysis and Critical Control Point System (HACCP) certification in Guilin. The HACCP certification is highly regarded in the hotel and food industry.

A recommended control system for the hygiene of food products, HACCP is a preventionbased system of food safety and hygiene. It has been adopted internationally as the basis for all discussions on food safety and prevention against dangers associated to food absorption, such as food poisoning, and the presence of chemical products and foreign particles.

The concept of HACCP came up in the late 1950s when the United States opened the space food to ensure food without harm. In the early 1980s, the United States National Academy of Sciences and International Commission on Microbiological Specifications for Foods (ICMSF) officially launched the HACCP system.

Before setting out to achieve HACCP certification, the hotel set its own benchmark in the hospitality industry with the implementation of Shangri-La’s Food Safety and Management System (SFSMS). To get HACCP certification, Shangri-La Hotel, Guilin has been unremittingly strict on food safety management. Achieving this certification reinforces the hotel’s commitment to providing consistent quality service.

香港を拠点とするシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、「シャングリ・ラ」のブランド名で現在80軒以上のホテルを世界で所有・運営し、総客室数34,000以上を有する、世界有数のホテルグループです。シャングリ・ラ ホテルは、5つ星のデラックスホテルで、高範囲にわたる高級施設やサービスを提供しています。シャングリ・ラ ホテルは、オーストラリア、カナダ、中国、フィージー、フランス、香港、インド、インドネシア、日本、マレーシア、モルジブ、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、オマーン、台湾、タイ、トルコ、アラブ首長国連邦およびイギリスに所在しています。現在当グループは、中国、インド、モーリシャス、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、カタール、スリランカでプロジェクトが進行中です。ご予約やご質問等は各旅行代理店、またはwww.shangri-la.com/jp/ までお問合せください。

プレスお問合せ

デイビッド・ズー
ダイレクター・オブ・セールス&マーケティング

電話番号

(86 773) 269 8888

ファックス

(86 773) 269 8887

メール

各国のプレスのお問合せ先