Shangri-la Yangzhou
揚州は、古くは広陵、江都、維揚と呼ばれ、築城史は紀元前486年までさかのぼることができ、揚州の歴史は悠久で、文化はきらびやかで、商業は盛んで、傑出した地霊である。2500年以上の都市建設史には数えきれないほどの都市賛歌が伝わっている。唐代の詩人徐凝は、天下は三分の明月夜で、二分の無頼は揚州だと言った。杜牧はここで10年に揚州の夢を見た。「国連最優秀人居賞」、「世界美食の都」、「世界運河の都」、「東アジア文化の都」…数え切れないラベルと肩書きが、多くの人を憧れさせている。
アトラクション
picture
アトラクション

瘦西湖

瘦西湖は、中国で最も美しい満月を見るのに最高の場所であると言われています。

4.3キロにわたる蛇行形状の湖の周辺は、中国の絵巻のように美しく、春柳共處や豫園などの魅力的な景観も訪問者の目を楽しませています。

大明寺

大明寺は、南朝時代に建築され、歴史的にも文化的にも重要な建物になっています。そのため、数百年間にわたり数多くの観光客が訪れる名所となっています。

華麗な社殿を見ながら歩いていくと、緑が生い茂る樹木や様々な咲き誇る花々を目にしながら、高さ70メートルの栖霊塔にたどり着きます。壮快な景観を眺めるのに適しています。

現地情報
picture
現地情報

江蘇省の南部にある揚州は、揚子江と北京杭州大運河の合流地点に位置しています。

都市の歴史は2千年以上にも遡ります。絶え間なく流れる運河、景観が美しい庭園、多様な建築様式が中国でトップの目的地の1つである揚州を造り出しています。

ネイチャー
picture
ネイチャー

個園

東莞街にある個園は、竹や岩が独特に融合されており、中国にある庭園の中でも個性的であることで知られています。清王朝時代に建築されて以来現在に至るまで中国で最も有名な庭園の1つとなっています。

数百本の竹や春夏秋冬をテーマにした石庭である「四季岩石庭園」を見るために訪問客が訪れます。

何園

総面積が14,000平方メートル以上にも及ぶ何園は、「寄啸山庄」とも呼ばれ、清王朝時代には「上海庭園」として知られていました。後に、東洋と西洋の建築様式の特徴が絶妙に融合された何家の裏庭となりました。

揚州にあるすべての庭園と同じく、何園では、梅の花や月桂樹の花、シャクヤク、紅葉の木、ナツメヤシの木など種々多様な上品な樹木や花が咲き誇ります。

交通
picture
交通

シャングリ・ラ ホテル 揚州は、揚州泰州空港から車で30分、鉄道駅から5分の場所にあります。国際博覧センターはホテルから徒歩ですぐの場所にあり、都市の中心部や有名な瘦西湖は車で15分以内の場所にあります。 

当ホテルでは、ゲストの皆様が時間通りに安心して目的地へ到着いただけますようプライベートカーやタクシーの手配、都市アトラクションへの訪問のご案内などをサポートいたします。

アート&カルチャー
picture
アート&カルチャー

東莞老街

東莞老街は、活気溢れる古代揚州の商業中心地でした。 歴史的な東門である東圏門からはじまり、1,100メートルまで伸びています。

現在、偉大な歴史や豊な文化を象徴する大通りとなっており、絶妙に曲線を帯びた漆器や繊細な紙細工など、古風な趣のある揚州産の手工芸品を販売する店舗が立ち並びます。

ショッピング
picture
ショッピング

揚州金鷹国際購物中心(揚州ゴールデンイーグル インターナショナル ショッピングセンター)

市内中心部に位置し、総面積が40,000平方メートル以上に及ぶゴールデンイーグルは、地元のブランドや海外のブランドが販売されている大手ショッピングモールです。

住所

225009 472 Wen Chang Xi Lu, Yangzhou,Hanjiang District, Jiangsu Province

電話番号

(86 514) 8512 8888

チェックイン / チェックアウト

シャングリ・ラでのご滞在をお楽しみください。

チェックイン/アウトの時間は以下のとおりです。

お支払い方法

以下のお支払い方法をご利用いただけます: