エクスペリエンス
picture
エクスペリエンス

ヤンゴン(旧名ラングーン)は、ミャンマーで最大で最も国際的な都市です。ミャンマーの輸出入の大半はヤンゴンで行われており、地域で重要な経済中心地です。

ミャンマー旅行業協会によるヤンゴンのお勧めツアーにつきましては、こちらからご覧ください。

アトラクション
picture
アトラクション
シュエダゴン・パゴダを訪れずしてミャンマーでの滞在は完成されません。ヤンゴンを一望する歴史的名所のシュエダゴン・パゴダが訪問者を魅了し、空高くそびえ立ち金色に輝くストゥーパは、数マイル先でも見ることができます。シュエダゴン・パゴダは2,500年以上前に建築され、ミャンマーで最も神聖な仏塔です。シュエダゴン・パゴダ内に遺品が祭られていると考えられています。
ネイチャー
picture
ネイチャー

シュエダゴン・パゴダの東部にはカンドージー湖と自然公園があります。湖の周辺には110エイカーに広がるカンドージー自然公園と、元来はイギリスによって作られたヤンゴン動物園があり、敷地内には、動物園、水族館、遊園地があります。

湖の東側に、12世紀のバガン王朝のアラウンバヤー王が使用していた王室御座船を模範に建築された水上レストランがあり、正面にはカラウェイと呼ばれる金色に輝く神話上の鳥が飾られています。18~20時30分まで、毎日カルチャーショーが行われます。

アート&カルチャー
picture
アート&カルチャー
ピー通り沿いにある5階建ての国立博物館は1952年に建築され、壮大で緑溢れる環境の中に佇んでいます。14ヶ所のホールには、古代の芸術品や文化遺品、歴史的遺品が展示されています。1階には、ミャンマー語の進展の様子をご覧いただけます。ライオンスローンルームやラタナポン時代の展示品は見逃せません。
ショッピング
picture
ショッピング
ヤンゴンの繁華街には、かつてスコットマーケットとして知られていた活気のある市場があります。1926年に作られたこの市場は、ミャンマーがイギリスの統治下にあった時代、ミャンマーにサッカーを紹介した文官のジェームス・ジョージ・スコットにちなんで名づけられました。1948年のビルマの独立後、ボージョー アウン サン マケットという名称に変更されました。骨董品やビルマ製の手工芸品、ジュエリーショップ、アートギャラリー、衣類露店が立ち並びます。

住所

No. 150/150 (A), Kan Yeik Thar Road, Mingalar Taung Nyunt Township Yangon, Myanmar

電話番号

(95 1) 394 469

チェックイン / チェックアウト

シャングリ・ラでのご滞在をお楽しみください。

チェックイン/アウトの時間は以下のとおりです。

お支払い方法

以下のお支払い方法をご利用いただけます: