+ 客室を追加する


概要

廈門を体験

廈門は福建省の海岸都市です。廈門は、海賊や反政府軍の指導者、ヨーロッパ人の商人など、豊かなで劇的な歴史を持つ島の都市です。西洋ではアモイと呼ばれる廈門は、港町として長い歴史を持ち、19世紀には、イギリス貿易の中心地となりました。第二次世界大戦初期に日本に支配されル前には、外国人が近辺の小さな鼓浪嶼に定住しました。歴史のある貿易港や西洋スタイルの植民地時代の建物の多くが今も残っています。廈門は、1980年代初期に、中国の最初の特別経済区の一つに指定され、台湾に近い貿易の拠点地として、都市の遺産を利用しています。廈門は現在、中国で最も魅力があり、保存状態が最も良いリゾート都市の一つです。

廈門という名称は「家の戸」を意味しており、かつては中国の玄関口の役割を果たしていました。豊かで繁栄した文化遺産がある島の都市です。舗装道路によって本土の福建省と繋がる廈門には、歴史的で国際的な特徴が強く残っています。中国で最も魅力溢れ、最もよい状態で保たれているリゾート都市の一つでもあります。 

鼓浪嶼は、19世紀に定着した外国人地域社会の運営の中心部でした。西洋スタイルの大邸宅や教会、倉庫、庁舎を建築し、その多くが現在でも残っています。

日光岩が島のほとんどを占め、人気の高い菽荘花園やピアノ博物館は海岸南部にあります。

廈門は、海岸沿いの海賊に抵抗する拠点地として、明王朝初期の1394年に創立しました。近辺にある泉州に取って代わる深い水に守られた港のおかげで、インド諸国との海洋貿易の中心地として繁栄しました。

17世紀半ば、廈門と鼓浪嶼は、台湾に渡るまで満州の侵略者に抵抗し続けた明体制支持者の鄭成功の拠点となりました。日本で生まれ、中国人の海賊の父と日本人の母を持つ鄭成功は、復興を希望していた南部の明皇太子と同盟しました。軍隊と海賊から成る勢力を築き上げました。1661年には、台湾からオランダ人を追放し、1662年の死去の前には、別の拠点地を設立しました。 

アヘン戦争(中毒性が薬物依存症治療の必要性の割合を占め続けている物質の取引を決定した)の後、廈門は外国貿易をスタートした最初の条約港の一つとなり、1842年に南京条約が結ばれました。 鼓浪嶼は国際的な定住地へと変わり、ビクトリアスタイルやネオクラシックスタイルの建物が数多く建てられ、現在でも残っています。貿易や移民地域社会による富のため都市が反映しました。 

廈門が4つの特別経済区の一つに指定された1980年代初期に、廈門へ返却されたました。 

廈門の南西部からフェリーで10分先にある2キロ平方メートルの鼓浪嶼は、1842年以降に定着した外国人地域社会の中心部でした。西洋スタイルの邸宅や教会、倉庫、庁舎が建てられ、現在でも利用されています。高さ93メートル日光岩が島の大部分を占めています。島には、鄭成功像や、海賊から抵抗運動の指導者へとなったキャリアを収めた鄭成功博物館があります。鄭成功博物館には、磁気やヒスイのコレクションを含む1,000件を超える展示物があります。島南部の海岸には、1895年に台湾が日本に割譲された後、島に移った台湾人のビジネスマンによって所有されていた 菽荘花園があります。 

中国南東部の海岸にある重要な都市である廈門は、中国で最初の開放ゾーンである4つの特別経済区の一つです。廈門は歴史上で重要な外貿港湾として知られています。 

天候
最高気温 最低気温
1月 17 10
2月 17 10
3月 19 12
4月 23 16
5月 27 20
6月 30 24
7月 32 25
8月 32 25
9月 30 24
10月 27 21
11月 23 16
12月 20 12