Fast Facts

ホテル

開業日
2012年8月31日

総支配人
リチャード・クック

総客室数

ゲストルーム(202室):

  • スタンダードルーム(153室)
  • スイート(49室) 

 


設計
ジェームス・チェン

インテリアデザイン
CHIL- ゲストルームおよびヘルスクラブ
McFarlane and Biggar- ホテルロビーおよびボスク
The Design Agency- モモフク

景観デザイン / 設計

建築物の歴史
2012年5月5日:ソフトオープン

ホテルのアート・建築様式
  • シャングリ・ラ ホテル トロントは、シャングリ・ラ ホテル バンクーバーやウェストバンク、ザ・ピーターセングループの開発も手がけた、バンクーバーを拠点とし国際的に有名な建築家であるジェームス・チェンが設計。
  • 両面の暖炉の片側は、上海の芸術家であるワン・シュウ・ユアンによる大規模な作品が描かれたトラバーチンの円柱に接しています。
  • ホテルのゲストルームには、石版による中国風の作品が480ほど飾られています。中国で著名な芸術文化の教授であるワンは、受賞歴のある陶芸職人でもあります。彼が手がけた花瓶や陶磁器の額入り作品がイベントフロアに展示されています。
  • シャングリ・ラ ホテル トロント用にイタリアで特別に手作業で作られたファツィオリのピアノは、白のオーク材で仕上げた職人技が創り出す逸品です。カナダ人シンガーソングライターのジョニ・ミッチェルの「マイ・オールド・マン」の最初の歌詞が、通りがかりでも容易に見つけることができるピアノの大屋根の下に刻まれています。
  • 全30席のザ・バーの上部には、黄色や緑の球形による180個の手吹きガラス製の備品が飾られています。これらはすべてカナダの西海岸のバンクーバーにあるボッチガラス吹きアトリエで作られています。
  • 玄関口には、ケベック出身のカナダのウッドワーカーであるボーボア・リミテーによるオーク材の壁にはボスクの名称と意味(小さな森林地帯)が刻まれています。
  • ゲストルームの廊下のすべてには、生糸製の壁やアジア風の食器棚、中国皇帝の椅子のレプリカが飾られています。足元には、濃紫色やチョコレート色、茶灰色、濃橙色など明るい色を使い山や竹をモチーフとしたカーペットが使用されています。またアジア風のガラス製ケースが廊下に飾られています。
 

ロケーション

高級なユニバーシティアベニューの西側に所在するシャングリ・ラ ホテル トロントは、市内の金融地区やエンターテイメント地区の中心部に位置しており、主要繁華街のオフィスビルへ徒歩で簡単にアクセスできます。

ホテル周辺にあるスタイリッシュなブローア ヨークビルや人気のある劇場も簡単にアクセスいただけます。