企業の社会的責任

理想郷を見出す

シャングリ・ラ ホテル 深セン

シャングリ・ラ ホテル 深センは、深センの2ヶ所の周辺地区の16名の生徒たちを支援する奨学金プログラムとして、2011年に、最初となる人々への支援プロジェクトであるエンブレイスを設立しました。また、2ヶ所のリハビリテーションサービスセンターと協力し、2番目のエンブレイスプロジェクトを設立しました。

奨学金プログラム

シャングリ・ラ ホテル 深センは、教育費を支払う余裕のない生徒たちのために奨学金プログラムを設立しました。プログラムは、生徒たちの教育のために寄付され、個人的発展を支援します。2011年には、8名の学生たちがプロジェクトによる支援を受けました。2012年には、さらに連平地域の8名の学生たちがプログラムによる支援を受けました。

金銭的支援に加え、学生たちはホテルに招待を受け、シャングリ・ラ ホテルでの宿泊体験を楽しみました。

特別なニーズのための特別な願い

ホテルは2012年に、「レンアイ」&「レンシャン」リハビリテーションサービスセンターで自閉症の子供たちへのケアを提供する2番目となるエンブレイスプロジェクトを設立しました。

「レンアイ」&「レンシャン」リハビリテーションサービスセンターの子供たちは、美しい手工芸品を作り、手工芸品はシャングリ・ラ ホテル 深センのゲストエリアで販売されました。収益金は、子供たちのための施設やケアを向上させるため、センターへ直接寄付されました。センターや子供たちのための金銭的支援だけでなく、子供たちは手工芸品作りを通じてスキルを磨きあげることができたため、自信をさらにもつことができました。

去年のクリスマスには、子供たちはクリスマスカード作りをし、カードの中に願いを込めた手紙を入れました。ホテルは、子供たちの願いが叶うよう、すべてのカードを受け取りました。

参加しませんか

寄付や詳細につきましては、 シャングリ・ラ ホテル 深センまでお問合せください。


シャングリ・ラの人々への支援プロジェクト

人々への支援プロジェクトのロゴマークには他者を温かく包みこむ気持ちを込めてハートのマークが採用されています。