Press Release


プレスリリース

Shangri-La Group of Hotels Light Up Lives at The Lighthouse

Lighthouse CNY

The Shangri-La group of hotels in Penang, hosted a Chinese New Year celebration dinner for over 180 people at the Lighthouse, a community service center for the urban poor.

Management and staff of Shangri-La’s Rasa Sayang Resort and Spa, Penang, Golden Sands Resort, Penang and Traders Hotel, Penang, brought Lighthouse clients good wishes and a sponsored dinner, ice cream and Chinese New Year cookies.

A grand toss on the giant platter of yee sang between the hotel staff and the Lighthouse clients followed thereafter, and all were treated to a Chinese New Year dinner featuring specialities prepared by master chefs at Shangri-La’s Rasa Sayang Resort and Spa, Penang.

The Lighthouse is a community service centre project for the homeless and urban poor initiated by the Penang Office for Human Development, a social arm of the Catholic Church’s Penang-based diocese. It started its operations in March 2003 and it is a charitable organisation dependent on the generosity of the public's contributions and sponsorships. In 2009, Shangri-La group of hotels in Penang, comprising of Shangri-La’s Rasa Sayang Resort and Spa, Penang, Golden Sands Resort, Penang and Traders Hotel, Penang, committed to a meal sponsorship programme and took turns to sponsor daily dinners for about 120 guests every month for the duration of one year.

“The Shangri-La group of hotels in Penang is a firm believer in the importance of corporate social responsibility (CSR). Under the Embrace programme, we take corporate initiative to benefit the local community. We are extremely grateful for this opportunity to give back to society. We wish everyone a happy and healthy Year of the Wood Horse,” said Suleiman Tunku Abdul Rahman, Director of Communications at Rasa Sayang Resort and Spa and Golden Sands Resort. 

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、さまざまなステークホルダーの関心のバランスをとりながら、経済的、社会的、そして環境的な責任を持った運営に専念し続けています。企業レベルによる企業の社会的責任(CSR)委員会は、コーポレート・シティズンシップ(社会の一員としての企業の責任・義務)や環境維持開発におけるリーダー的存在を目指しながら、環境、健康と安全、社員、サプライヤー、ステークホルダーとのかかわりといった戦略的分野における企業としての取り組みを促進しています。サステナビリティの取り組みのもと、シャングリ・ラの社会的責任プログラムは、「エンブレイス」と「サンクチュアリ」の主要部分として実施されています。「エンブレイス」は、恵まれない地域社会における最高レベルの教育や健康支援を促進することを目指す、シャングリ・ラのケア・フォー・ピープル・プロジェクトに重点を置いています。シャングリ・ラのケア・フォー・ネイチャー・プロジェクトに集中する「サンクチュアリ」プログラムは、生物多様性の保護や回復を促進しています。詳細に関しましては、ウェブサイトのCSRセクションをご覧ください。

プレスお問合せ

スレイマン・トゥンク・アブドゥル・ラーマン
ダイレクター・オブ・コミュニケーション

電話番号

(60 4) 888 8650

住所

Golden Sands Resort, Penang Batu Feringgi Beach, 11100 Penang, Malaysia

メール

各国のプレスのお問合せ先