Press Release


プレスリリース

Golden Sands Resort, Penang Funds Two New Limbs

GSH Gift of Limb

Golden Sands Resort, Penang recently funded new prosthetic limbs for two children, under the resort’s “EMBRACE Gift of Limb” programme. Syakir bin Shahardi, aged 14, and Khamalashinie Subramaniam, aged 8 were the recipients of a brand new limb each, at a handover ceremony at Golden Sands Resort recently.

Syakir, from Butterworth, is being fitted with a prosthetic limb for the first time. Khamalashinie was born with a missing fibula on her right leg. She was fitted with a prosthetic limb in 2012 which was also sponsored by Golden Sands Resort, but has since outgrown it.

Keith Tomkies, the resort’s General Manager, presented the new limbs worth RM6,210 each, to the children. Present were the resort’s Corporate Social Responsibility (CSR) Manager, Elizabeth Liew, the resort’s Director of Communications, Suleiman Tunku Abdul Rahman and representatives from the Teh Lin Prosthetic & Orthopedic Company.

“These are the fifth and sixth recipients we have gifted a limb to since 2012,” said Keith Tomkies, resort General Manager. “We hope to identify more young people to help in future to enable them to lead more productive lives.”

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、さまざまなステークホルダーの関心のバランスをとりながら、経済的、社会的、そして環境的な責任を持った運営に専念し続けています。企業レベルによる企業の社会的責任(CSR)委員会は、コーポレート・シティズンシップ(社会の一員としての企業の責任・義務)や環境維持開発におけるリーダー的存在を目指しながら、環境、健康と安全、社員、サプライヤー、ステークホルダーとのかかわりといった戦略的分野における企業としての取り組みを促進しています。サステナビリティの取り組みのもと、シャングリ・ラの社会的責任プログラムは、「エンブレイス」と「サンクチュアリ」の主要部分として実施されています。「エンブレイス」は、恵まれない地域社会における最高レベルの教育や健康支援を促進することを目指す、シャングリ・ラのケア・フォー・ピープル・プロジェクトに重点を置いています。シャングリ・ラのケア・フォー・ネイチャー・プロジェクトに集中する「サンクチュアリ」プログラムは、生物多様性の保護や回復を促進しています。詳細に関しましては、ウェブサイトのCSRセクションをご覧ください。

プレスお問合せ

スレイマン・トゥンク・アブドゥル・ラーマン
ダイレクター・オブ・コミュニケーション

電話番号

(60 4) 888 8650

住所

Golden Sands Resort, Penang Batu Feringgi Beach, 11100 Penang, Malaysia

メール

各国のプレスのお問合せ先