現地情報

現地情報 出発に向けてのアイディアを

唐王朝時代の貿易港として知られる寧波は、上海から世界有数の長さを誇る杭州湾海上大橋を渡って約2時間の距離に位置し、揚子江デルタ地帯の経済の中心地として発展を続けています。

中国語で「穏やかな波」を意味する寧波市には、中国最古の図書館「天一閣」など歴史的な見どころが数多くあります。

ビザ

中国に入国するすべての外国人にはビザが必要です。ブルネイ、日本、シンガポールパスポートを所持されている方の15日以内の滞在は、ビザの取得は免除されます。

ビザは、各国の中国大使館または領事館にて取得できます。ほとんどの大使館では3~5日で30日間の滞在ビザが発行されます。

ビザ取得の手続きは旅行代理店を通じても行えます。

30日間のビザは中国に入国した日からカウントされます。ビザ発行日から3ヶ月以内が有効期限となります。

詳細は、旅行代理店、中国国際旅行サービス、中国旅行サービス、中国大使館または領事館へお問合せください。

中華人民共和国駐日本国大使館公式ウェブサイトより


通貨

中国の通貨単位は元(RMB)です。クレジットカードは、一部のホテルやショッピングセンターでご利用いただけます。主な通貨の為替相場は以下のとおりです。

主な通貨の為替相場です

RMB 1.00 =:

為替レート 通貨
0.19 オーストラリアドル (AUD)
0.13 ユーロ (EUR)
0.1 ブリティッシュポンド (GBP)
1.26 香港ドル (HKD)
19.20 日本円 (JPY)
0.21 ニュージーランドドル (NZD)
0.21 シンガポールドル (SGD)
0.16 アメリカドル (USD)

税金

ホテルやレストランでは、15%のサービス料(税金を含む)が加算される場合があります。


チップ

一部の中級~高級レストランでは通常、サービス料が請求書に加算されます。

チップの習慣はないため、必要ありません。


営業時間

銀行
8時30分~17時30分(月~金曜日)
8時30分~16時30分(土、日曜日)

オフィス
9~17時(月~金曜日)

店舗
9~22時(月~日曜日)


健康

中国への入国には健康状態についての申告書の提出が求められます。ご旅行の計画の前に予防接種の必要性など専門医にお問合せください。

ご滞在中は一度沸騰させた水かボトルウォーターをお勧めしております。当ホテルでは、各ゲストルームにボトルウォーターをご用意しております。


服装

公の場ではスーツ、ネクタイの着用が求められますが、普段はカジュアルウェアーが好まれます。

冬場はコート、帽子、手袋などによるしっかりした防寒が必要です。春から夏にかけては薄着で過ごすことができます。


気温

寧波は、年間の平均気温が16.4度と比較的過ごしやすい亜熱帯モンスーン気候ではっきりとした季節があります。

夏場の平均気温は21~37度、冬場はマイナス2~7度です。

今日

曇り時々晴れ、一時にわか雨

最高気温: 26°C / 78°F
最低気温: 14°C / 57°F

明日

にわか雨

最高気温: 19°C / 66°F
最低気温: 10°C / 50°F
水曜日:
ほぼ曇り 最高気温: 17°C / 62°F 最低気温: 9°C / 48°F
木曜日:
ほぼ曇り 最高気温: 20°C / 68°F 最低気温: 14°C / 57°F
金曜日:
曇り 最高気温: 18°C / 64°F 最低気温: 14°C / 57°F
天候
最高気温 最低気温
1月 8ºC 1ºC
2月 9ºC 2ºC
3月 13ºC 5ºC
4月 19ºC 11ºC
5月 24ºC 16ºC
6月 27ºC 20ºC
7月 32ºC 25ºC
8月 32ºC 25ºC
9月 27ºC 21ºC
10月 22ºC 15ºC
11月 17ºC 9ºC
12月 11ºC 2ºC
概要

人口
550万人

言語
中国語(北京語)、寧波方言

時間帯
GMT + 8時間

測定単位
メートル

電圧
220ボルト

プラグタイプ
 

携帯電話
GSM 900 / 1800