+ 客室を追加する


アトラクション

魅力を発見 南京の見どころ

中山陵 

中山陵は、南京の東部郊外の山紫水明風景区にあり、敷地面積は80,000平方メートルに及びます。孫文は国家の父として知られており、孫文の墓陵は聖なる地として考えられています。孫文 (1866~1925) は、清王朝(1644~1911) の支配を打倒し、2千年以上続いた専制君主制に終わりを告げる革命を起こしました。歴史的意義や壮大な建築様式、美しい景観として重要な場所です。

 

明孝陵 

明孝陵は、明王朝の初代皇帝、朱元璋 (1328~1398) と后妃の陵墓です。1391~1393年に紫金山の西部山頂の下にある丘に陵墓が建てられました。朱元璋自らがその地を選びました。

 

玄武湖 

玄武湖は、国立公園の中山風景区にあります。敷地面積502ヘクタールに及びます。

 

夫子廟 

夫子廟は宋王朝時代の1034年に建築されました。中国の哲学者である孔子を崇拝する場でした。寺院は何度も被害にあっており、何世紀にもわたって数回、再建築されています。 

現在、敷地周辺エリアでは、明王朝や清王朝時代の建築スタイルの設計によるショップやスナックバー、レストラン、茶屋が並んでおり、このエリアは無料で一般公開されています。

 

秦淮河 

秦淮河は、古代南京が金陵として知られていた時代には文化の発祥地でした。 南京の「母なる河」は、全長5キロで「十里秦淮」と呼ばれています。河岸沿いに、庭園や寺院があり、現地の日々の生活や習慣もご覧いただけます。

 

総統府 / 中国近代史遺跡博物館 

総統府は、かつて両江総督署でしたが、現在は中国近代史遺跡博物館として利用されています。中華民国政府が台湾へ移転した1927~1949年までの中華民国総統官邸があります。博物館は現在、中華民国の国旗が公的に飾られた中国では数少ない場の一つです。