オランウータン

森の人

オランウータンはマレー語で「森の人」という意味です。東南アジアのボルネオの島々やス マトラに生息しています。10,000年前にオランウータンは中国からインドネシアノジャワに生息していました。現在ではボルネオの島(推定22,000 匹)とスマトラ(推定5,000匹)のみとなっています。

オランウータンは樹上生活を営む世界で最大の動物です。手足は枝を掴みやすいように発達しています。樹上生活が基本となっていますが、雄のオランウータンは地上で4,5時間過ごすことで知られています。

絶滅寸前の理由

オランウータンの最大の脅威は伐採による生育地の喪失です。また農業がオランウータンの 生息数に影響を与えているのは明らかです。理想的な環境において、単独行動をとるオランウータンは森の中で餌を探します。オランウータンは繁殖率が低く、 雌は7,8年に1頭しか子供を産みません。

若いオランウータンは密猟者によってペットとして売られるという脅威にもさらされています。オランウータンの赤ちゃんを得るために母親が撃たれることもあります。

オランウータンはマレーシアで保護されております。10,000年前にオランウータンは中国からインドネシアノジャワに生息していました。現在ではボルネオの島(22,000匹)とスマトラ(5,000匹)が生息ていると推定されています。


野生での生活

オランウータンは近い種のチンパンジーやゴリラと異なり、大きな集団や家族で生活を営み ません。オランウータンは単独行動に準じる動物です。成体の雄は通常単独行動をし、成体の雌は1頭や2頭の子供連れです。また若いオランウータンは社交的 で1日の大半を小さな集団(2頭から5頭)で過ごします。

成体の雄のオランウータンは成体の雌に比べて大きな体つきをしています。体長は150センチメートルで体重は平均120キログラムです。またオラン ウータンの雌は体長120センチメートル、体重は45キログラムです。雄は大きな頬のひだがあり、あごの下が大きくふくらみます。

オランウータンは木の葉、樹皮、木の芽、枝、果実、また昆虫を食べますが、特に果実を好みます。妊娠期間は8ヶ月半で、通常7、8年の間に1匹の子供を生みます。また稀に双子が生まれることがあります。

オランウータンの子供は7、8歳まで母親と過ごします。母親と別れても森の中で生き残ることができるように多くのことを学びます。雌のオランウータ ンは9から12歳、雄は8~15歳で性的に成熟します。但し雄に第二次性徴(頬のひだとあご下の袋)が見られる場合は20歳を過ぎてからとなります。


オランウータンの助けになること
セピロックといったリハビリテーション センターでは、ペットとして飼育されていた固体を収容しています。リハビリテーション センターの目的は、若いオランウータンの成長を助けて最終的に森に帰すことです。多くのオランウータンを森に帰すことに成功しています。

オランウータンと保護に関する詳細は以下のリンクをご参照ください。

電話番号

(60 88) 797 888

ファックス

(60 88) 792 777

ロケーション

Pantai Dalit Beach, Tuaran, Sabah, 89208, Malaysia

メールアドレス