+ 客室を追加する


自然&野生動物

誰もが楽しめる魅力たっぷり

ヤーラ国立公園でヒョウを探したり、ラムサール条約で認定された野鳥保護区域のバンダラ国立公園を訪ねたりしましょう。ヤーラ、バンダラ、クマナの3つの国立公園は毎年8月から3月にかけアジアの水鳥や野鳥が渡ってくるルートの先端にあります。国立公園のほかにもバードウォッチングにぴったりの場所がいくつかあり、古代の僧院シトゥルパウワ寺院、デバラウェワ湿地帯、パラトゥパナ塩田などがお勧めです。ビーチはウミガメの産卵地として有名です。

バンダラ国立公園
バンダラ国立公園はスリランカで渡り鳥を観察する最高のスポットのひとつで、ユネスコエコパークに指定されています。美しいラグーンと水鳥の生息地として知られ、オオフラミンゴを含む197種以上の鳥が生息しています。

植物も多種多様に生い茂るバンダラには、ほかにも両生類324種、爬虫類48種、哺乳類32種が生息しています。チョウもスリランカ最大種を含め52種の生息が確認されています。

森は数多くの絶滅危惧種の大事な生息地でもあり、スリランカゾウ、サンバーシカ、アクシスジカ、ヒョウ、イノシシ、インドグレーマングース、ナマケグマ、スモールインドジャコウネコ、ゴールデンジャッカル、インドタテガミヤマアラシなどの動物がいます。

ヤーラ国立公園
ハンバントッタで一番人気の観光スポット、ヤーラ西(ルフナ)国立公園は、ヒョウの観察や撮影ができる世界有数のスポットです。

保護区にはほかにもたくさんのゾウ、アクシスジカ、サンバーシカ、水牛、ナマケグマ、ジャッカル、マングース、センザンコウ、ワニなどが生息しています。

ヤーラには約115種の鳥も生息していて、コフラミンゴ、三光鳥、カワリクマタカ、タカサゴクロサギなどが見られます。

ジャングルリバーサファリ
ワラウェ川の川下りは観光客にも地元の人にも人気のアトラクションです。 ジャングルリバーサファリでは、6種のマングローブ、72種の鳥、52種の魚、38種の植物、28種の動物を観察できる豊かな生態系にご案内いたします。

クダウェラの潮吹き岩
地元では「フンマナヤ」として知られる潮吹き岩は地下洞窟から海水を吹き上げる自然の噴水で、ディックウェラとタンガラの間にある南沿岸の漁村クダウェラにあります。岩の上からはシンハラジャ森林保護区とインド洋の壮大な景色を楽しめます。

天候
最高気温 最低気温
1月 32.4°C 29.7°C
2月 33.2°C 30.2°C
3月 33.4°C 30.9°C
4月 34.2°C 31.2°C
5月 34.8°C 30.7°C
6月 36.1°C 30.3°C
7月 35.5°C 30.6°C
8月 35.5°C 30.1°C
9月 34.7°C 29.9°C
10月 34.6°C 30.1°C
11月 32.4°C 29.9°C
12月 32.7°C 29.6°C