企業の社会的責任

手を取り合って、希望を叶える

シャングリ・ラ ホテル 桂林

ヤンコウ小学校は、桂林の恭城ヤオ族自治県の山岳地帯ヤオコウ村にあります。ここに通う貧しい家庭の212人の子どもたちは、毎日通学のために7マイル(約11キロメートル)の道を歩いて通うための靴を買うこともできません。

シャングリ・ラ ホテル 桂林は2010年の9月に学校施設の改善プロジェクトを開始し、教室の塗装、マルチメディア教室の設置をはじめ、学生食堂やトイレの改修、大通りの舗装などを行いました。このプロジェクトは2011年5月に完成いたしました。

「私たちはシャングリ・ラ ホテル  桂林に心から感謝いたします。多大なる支援が山間部の教育へ向けられることは非常に喜ばしいことです。わたしはここに通う子供たちの努力を常に誇りにしています。そして、学校設備を改善することは私たちの長年の夢でした。この夢を叶えていただいて本当にありがとうございました。」と校長からの感謝の言葉をいただいています。

最新ニュース

シャングリ・ラ ホテル 桂林は2012年、校舎や施設の改築のためにさらに支援を行いました。この工事には、校庭の緑化や、図書室、コンピュータールーム、新しい黒板、天井扇風機の設置、教室のさらなる訓練開発が含まれます。生徒達が現代の世界に役立つスキルを身につけれるよう教師の教育法を向上させることが狙いでした。訓練には、英語や食費ネい性、防災でのコミュニケーションが含まれていました。

お祭り時には、生徒達は新しい衣類や通学かばん、食品を受け取り、子供達だけでなくその両親や、生徒達、スタッフも楽しいひとときを過ごしました。

ヤンコウ小学校に関する寄付や詳細につきましては、シャングリ・ラ ホテル 桂林にお問合せください。


シャングリ・ラの人々への支援プロジェクト

人々への支援プロジェクトのロゴマークには他者を温かく包みこむ気持ちを込めてハートのマークが採用されています。