企業の社会的責任

シャングリ・ラ パンダ保護プロジェクト

シャングリ・ラ ホテル 成都

パンダの食料の安全性を促進

2012年12月、四川省・成都では、パンダの食料の安全性を確保するため、1.6ヘクタールにおよぶ竹の植林地を支援する画期的な案とともに、シャングリ・ラ パンダ保護プロジェクトが立ち上げられました。シャングリ・ラ ホテル&リゾーツは、青城山の麓に所在し、都江堰や青城山の観光エリアに非常に近い場所にある都江堰パンダ救助および病害対策センターと提携しました。

センターは現在建設中で、2013年中旬にオープンを予定しています。ホテルのゲストのお客様は、センターでの特別教育ツアーや学習アクティビティにご参加いただけます。また、パンダの窮地について学んだり、パンダ用の食料準備などの独自のアクティビティに参加することができます。