アトラクション

魅力を発見 北京の見どころ

天壇

天壇公園にある壇廟は、天の神を祀り大地の豊穣を祈るために建てられた、明代を代表する建築物です。

中国古代のデザイン様式と芸術の粋を集めた建物は、巧みな設計と優美な姿が観光客の目をとらえて離しません。

紫禁城

14年もの歳月(1407~1420)と延べ百万人の労働力をかけて造られた紫禁城は世界最大の宮殿です。 

現在は故宮博物院として10万点にも及ぶ美術工芸品が展示され、中国の富と文化の高さを物語っています。 

1924年に最後の皇帝・溥儀が退去するまで、約5世紀にわたって、国の政治の中心として、また24人の皇帝の住まいとして使用されてきました。当時の栄華が偲ばれます。 

万里の長城

中国国内を東西9つの省にまたがり8,850キロメートルにもわたって延びる万里の長城は、人類最大の建造物のひとつにも数えられています。この長城は、北方騎馬民族の襲来を防ぐために、多くの兵士や住民を動員して2000年以上前に築かれました。

戦国時代の当初は各地で城壁が造られていましたが、中国統一を成し遂げた秦の始皇帝によって長大な壁としてつなげられ、さらに明代にはより強固なものとして補強・整備されて、現在に至ります。 

天安門広場

世界最大の広場である天安門広場の周囲には、中国革命博物館、毛沢東記念館、人民大会堂、人民英雄記念碑などのさまざまな歴史的建造物が点在しています。

天安門広場は中国の世界観を象徴しており、東と西に博物館と大会堂を配した長方形のデザインは紫禁城をなぞらえています。 

日の出と日の入の時刻には、人民解放軍の兵士による五星紅旗の掲揚と降納が毎日行われており、自由に見学することができます。

明の十三陵

北京市の北西50キロの郊外にある明の十三陵は、明代(1368~1644)の皇帝16人のうち13人の陵墓として知られています。 

40平方キロメートルにわたる敷地には、ひとつひとつの墓が異なる丘のふもとに配置され、神道と呼ばれる道によって他の墓と結ばれています。

神道の両脇には人間や動物の形をした18対の石像が立ち並び、王朝の権力と永遠の強さを象徴しています。 13代皇帝・神宗の墓、定陵のみが発掘されています。

天候
最高気温 最低気温
1月 1.6ºC -9.4ºC
2月 4ºC -6.9ºC
3月 11.3ºC -0.6ºC
4月 19.9ºC 7.2ºC
5月 26.4ºC 13.2ºC
6月 30.3ºC 18.2ºC
7月 30.8ºC 21.6ºC
8月 29.5ºC 20.4ºC
9月 25.8ºC 14.2ºC
10月 19ºC 7.3ºC
11月 10.1ºC -0.4ºC
12月 3.3ºC -6.9ºC