+ 客室を追加する


企業の社会的責任

シャングリ・ラ ホテル北京がエンブレイスアクティビティを実施

シャングリ・ラ ホテル 北京

シャングリ・ラ ホテル北京は瓷娃娃罕見病関愛中心成立于と協力し、2017年10月24~28日まで、恵まれない子供達に温かい気持ちを伝えるため、年齢の異なるチャイナドールの2グループのために、リハビリトレーニングアクティビティを2回実施しました。

ホテルはチャイナドールのために、バリアフリー施設を含む数多くの準備を行いました。水の浮力は子供達の身体的な調整を向上し、重心を整えるため、1日目のアクティビティで最初に訪れた場所は、ヘルスクラブのプールでした。トレーニングはリハビリ専門家が完全に監視し、保護者が子供達の将来におけるエクササイズに手助けできるよう、リハビリ専門家が子供達と保護者にリハビリやトレーニング方法を説明しました。

午前のトレーニング後、ホテルは、子供達のためのヘルシーなランチも用意しました。午後には、チャイナドールは「小さな魚」になり、プールで水泳を楽しみました。2つ目のトレーニングの後、チャイナドールは、日本食レストランの西村の日本人シェフによる寿司作りクラスに参加しました。シェフと子供達は、寿司作りを楽しみました。

医療的なリハビリや個人的なサポートなどを子供達に提供する募金を目的とし、ホテルの企業の社会的責任プログラムの一環として、ホテルは2017年12月2日のクリスマスツリー点灯式で、瓷娃娃罕見病関愛中心成立于との長期にわたる協力を発表しました。この提携を通じて、ホテルは将来、幅広いアクティビティを通じて恵まれない子供達を支援するセンターと協力する予定です。


シャングリ・ラの人々への支援プロジェクト

人々への支援プロジェクトのロゴマークには他者を温かく包みこむ気持ちを込めてハートのマークが採用されています。