企業の社会的責任
企業の社会的責任
当社は、世界でも有数の自然に囲まれた環境で事業を展開するという特権を与えられています。 新しい事業に進出する際、当社が事業を行っているさまざまな地域のリーダーや先住民族のコミュニティとパートナーシップを結べることは、当社にとって非常に名誉なことです。 当社では、サステナビリティの達成と企業の社会的責任(CSR)に基づく取り組みとして、「コミュニティへの貢献」「環境と生物多様性」「従業員の育成」「持続可能なサプライチェーン」そして「健康と安全」という5つの主要分野に焦点をあてています。
輝かしい未来のために
picture
輝かしい未来のために

デルタ・シニア・スクール 

同校では、主要な分野での教育や職業訓練を行い、卒業後の生活に必要なスキルを身につけることができるプログラムを提供しています。当リゾートでは、DSSの卒業生を正社員にすることを目指しています。当リゾートは、同校の「職場体験プログラム」に積極的に参加を始めた最初の企業の一つで、正社員への就職を目指す生徒たちのために、実際の職場生活や環境に触れる機会を提供しています。2009年のプログラム開始以来、当リゾートでは、ハウスキーピング、厨房、飲食などの部門で40人以上の学生のインターンシップを支援してきました。  

現在、15名のDSS卒業生がリゾートで正社員として働いています。そのうち2名は、10年以上前に園芸部門からスタートし、その後、キャリアアップの一環として厨房部門に異動しました。当リゾートは、職場体験プログラムへの支援に加え、卒業式やオープンハウス、さまざまなトレーニングワークショップなど、学校主催のイベントに積極的に参加し、その活動を応援しています。

アーク・チルドレンズ・センター    

DSSに加え、当リゾートはアーク・チルドレンズ・センター(がんやその他の生命を脅かす病気と診断された3歳から18歳までの子どもを持つ家族にデイケアとサポートを提供する非営利団体)と協働しています。シャングリ・ラ ラサセントーサ シンガポールは、毎年開催しているチャリティゴルフトーナメント「Drive for ARC」で、同センターのための資金集めを行っています。当リゾートのチャリティゴルフトーナメントは、過去10年連続で開催されており、過去の6回はアーク・チルドレンズ・センターの支援に捧げられています。

自然がリゾートの建築家
picture
自然がリゾートの建築家

当グループは、生物多様性保全への取り組みに沿い、自然保護を目的としたシャングリ・ラ ケア プロジェクト「SANCTUARY」を立ち上げました。

リゾートの入り口付近に、高さ27メートル、幹周り10.2メートルのシンガポール最大の木が立っています。シンガポールの国立公園局に自然遺産として認定されているこのアンサナの木は、戦前の1885年にイギリス兵がシロソ砦に入植した際に植えたと言われています。

老木を守るために避雷針を設置し、自然の生息環境を取り戻すために植樹が行われました。また、2010年のリゾートの大規模改修の際には、この木に害が及ばないように配慮がなされています。

樹齢130年を超えるこの木は、今でもリゾートのロビーに続く緑豊かな大通りでゲストに木陰を提供し、リゾートのガーデナーたちの手によって大切にケアされています。

住所

098970 101 Siloso Road, Sentosa

電話番号

(65) 6275 0100

チェックイン / チェックアウト

シャングリ・ラでのご滞在をお楽しみください。

チェックイン/アウトの時間は以下のとおりです。

お支払い方法

以下のお支払い方法をご利用いただけます: