Corporate Social Responsibility
Corporate Social Responsibility
Corporate Social Responsibility (CSR) is a concept fuelled by passion and goes beyond an organisation’s obligation to address social and environmental needs. An example of an organisation that has successfully embraced CSR and integrated this practice into its business model is Shangri-La Tanjung Aru, Kota Kinabalu. Since 2000, the resort has remained committed to operating in an economically, socially and environmentally responsible manner and has been actively involved in countless CSR activities with the local community, government and the environment.
イナナムのバンタヤンのための未来作り
イナナムのバンタヤンのための未来作り

シャングリ・ラ タンジュン アル リゾート&スパは、市内中心部から20分先にある現地の小学校のセコラーケバングサーンバンタヤンを採用しました。学校周辺の村に住む月収RM400~RM1,200 の貧しい家庭に生まれた250名の子供達が小学校に通っています。

リゾートは、以下の計画アクティビテイを通じて小学校を支援しています。

 

  • 小学校の図書室への英語の本の寄付
  • タンジュンロビーに設置した寄付箱を通じた子供達へのスポーツ用具の寄付
  • 軽食を購入、あるいは学校へ持参する余裕がない子供達への栄養食品の提供
  • 子供達のための医療記録を作成し、栄養レベルを測定する現地の医療コミュニティとの協力
  • 子供達のための安全な環境作りのための現在のインフラの維持と改善
  • リゾートチームとゲストの訪問

 

参加しませんか  

ゲストの方は、SK バンタヤンへの週1回の定期訪問に参加することで、当プログラムへ支援することができます。

サンゴ礁の保護
サンゴ礁の保護

生物多様性保護への取り組みに沿い、シャングリ・ラ グループはシャングリ・ラ自然保護プロジェクト「サンクチュアリ」を開始しました。

シャングリ・ラ タンジュン アル リゾート&スパ コタキナバルでは、海洋保護とサンゴ礁植栽プログラムを開始し、タンクー・アブダル海洋公園の自然保護やクマノミなどの品種の保護を支援しています。リゾートには、サンゴ礁用水槽、繁殖用水槽、飼育用水槽、接触用水槽の3種類の水槽があるクマノミディスカバリーセンターがございます。リゾート周辺のトロピカルな海に生息する魚や海洋生物多様性、危機に関してゲストの皆様や地域社会へ教育することを目標としております。 

住所

No. 20 Jalan Aru, Tanjung Aru, Kota Kinabalu, Sabah 88100 Malaysia

電話番号

(60 88) 327 888

チェックイン / チェックアウト

シャングリ・ラでのご滞在をお楽しみください。

チェックイン/アウトの時間は以下のとおりです。

チェックイン:15時
チェックアウト:12時

お支払い方法

以下のお支払い方法をご利用いただけます: