+ 客室を追加する


企業の社会的責任

ローレット・フュガン

シャングリ・ラ ホテル パリ

2020年3月より、シャングリ・ラ ホテル パリは、フランスの白血病と闘うNGOの先駆者であるローレット・フュガンを支援します。団体は2002年、この病気によりいつか人々の心は動かされるという信念のもとに立ち上げられました。この病気と闘うということは、全ての人々の問題でもあるのです。

チャリティの3つの主な任務 

このチャリティーはすべての資源をミッション成長のために分配することを最重要事項とし、7人の常駐するスタッフの小さなチームが、家賃などの費用は掛けず、基本的には無料奉仕やスキルベース・スポンサーシップにより運営しています。実行されたプロジェクトのスケールと質は、ボランティアの貢献、常駐スタッフチームのプロ意識、企業とパートナーのコミットメントにより可能となっています。

組織には3つの主な任務があります。1つ目は、資金集めイベントの企画と問題に対する認識を高めることにより、小児と成人の医療研究をサポートすることです。2つ目は、命の贈り物(血液、血小板、脊髄の寄付)を促進することです。3つ目は、患者と家族に対する支援と安らぎをもたらすことです。

2020年のシャングリ・ラ ホテル パリの活動 

シャングリ・ラ ホテル パリは、ローレット・フュガンチャリティーを支援するため、2020年に複数のアクションを企画しています。これらの企画には、スポーツイベント、患者家族のホテルへの招待、総会および団体の広告キャンペーンの撮影が含まれています。

白血病と闘い、命を支援しましょう。


シャングリ・ラの人々への支援プロジェクト

人々への支援プロジェクトのロゴマークには他者を温かく包みこむ気持ちを込めてハートのマークが採用されています。