企業の社会的責任

デリーで優れた人材を見出す

シャングリ・ラ ホテル ニューデリー

ノイダ・ディーフ協会(NDS)は、2010年からシャングリ・ラ ホテル ニューデリーとともに聴覚障害者が社会で活躍する場を得るために、生活スキルを身につけ、子どもの教育を提供するための場を提供しています。

定期的に10名ずつの生徒を受け入れ、コンシェルジュ、ランドリー、ハウスキーピング、秘書業務の研修を通じてホスピタリティの基礎を学びます。ホテル研修の前には2~3か月履修過程が設けられています。

2011年7月に研修を始めた最初の10名は、2011年末までに世界の大都市のホテルの雇用対象者となります。


シャングリ・ラの人々への支援プロジェクト

人々への支援プロジェクトのロゴマークには他者を温かく包みこむ気持ちを込めてハートのマークが採用されています。