+ 客室を追加する


アート&カルチャー

旅行者を魅了するモーリシャスの見どころ

グランバッサン
ガンガタラオとして知られるグランバッサンは、サバンナ県にある海抜約600メートルの小さな山間の湖です。

グランバッサンは、インドの聖なるガンジス川の水と繋がっていると信じているヒンズー系モーリシャス人にとって神聖な湖です。

湖のそばには、シバ神やハヌマン、ラクシュミなどのその他のヒンズー教の神に捧げられた寺があります。ヒンズーの地域社会は、毎年マハー・シヴァラートリーの祭の期間中、湖まで巡礼の旅を行います。モーリシャスで最も高い像である全長33メートルのマンガル・マハデヴが湖の畔に立っています。

エウレカ クレオール ハウス
モーリシャスで最も大きいクレオールハウスの一つで、109のドアと窓がついており、滝に囲まれた壮大な庭園にあります。1830年に建築された後も保存され、1986年に博物館として一般公開されました。音楽やアート、アンティークの地図、中国やインドの日用品、植民地時代のシャワーなどの骨董品が展示されています。

サトウキビ博物館・工場
モーリシャスではかつて金と同じくらい価値のあった砂糖は、モーリシャスにとって遺産です。現在は博物館となった旧ボープラン製糖工場のツアーの所要時間は、約1時間半で、ツアーの終わりには砂糖やラム酒のテースティングを楽しむことができます。 

ラヴァンチュール・デュ・シュクル(シュガーアドベンチャー)のトレイルの後、島の初期時代を呼び起こす古い機械や映画から、250年にわたるモーリシャスの豊かな歴史を学ぶことができます。(工場は1970年代まで使用されていました。)シュガーアドベンチャーは、地元の居住人から観光客まで、すべての年齢のお客様が楽しむことができます。

リューメリー・ドゥ・シャマレル
モーリシャスの南西部にあるリューメリー・ドゥ・シャマレルは、サトウキビ農園に囲まれた渓谷にあります。自然との調和感を高める木や石、水が使われたラム酒蒸留酒製造所のユニークなデザインに驚くことでしょう。

蒸留酒製造所のガイドツアーやラム酒のテースティング、敷地内にあるスタイリッシュなレストラン、ラルシミストでのお食事も楽しむことができます。

ツアーは英語またはフランス語で行われ、所要時間は約40分です。蒸留酒製造所が純粋なサトウキビの汁から製造したラム酒のテースティングが含まれています。過程の中で作りだされた独特の香りやフレーバーを楽しむことができます。蒸留酒製造所は環境的持続可能性に専念しています。

国立歴史博物館
植民地時代にロビリャール家の邸宅が博物館として使用されています。旧邸宅は、島の歴史で重要な役割を果たしていました。1810年、ヴューグランポールの戦いの後、けがを負ったフランス人とイギリス人の指揮官をこの場所に運び治療しました。

フランスの勝利に関する説明や 戦いで沈没したイギリスのフリゲート艦マジシェンヌから引き揚げられたカノン砲やワインボトルなどの遺物品が展示されています。

博物館では、島の初期時代の地図や難破船の貯蔵物であったスペインの硬貨、有名なドードーを含むモーリシャスの原産の動物相の絵画(や骨さえも)展示されています。象ガメの背中に乗ったオランダ人の彫刻がハイライトの一つです。

最近では、改装された列車の客車や有名な対イギリスとの戦いで使われたナポレオンのボートのレプリカも展示されています。

天候
最高気温 最低気温
1月 29C 22C
2月 28C 22C
3月 28C 21C
4月 27C 21C
5月 26C 19C
6月 24C 18C
7月 23C 17C
8月 23C 18C
9月 23C 18C
10月 24C 19C
11月 26C 20C
12月 28C 21C