+ 客室を追加する


シャングリ・ラストーリー

街からエスケープ

静寂への回帰

レンゾ・ビアノの手がけた象徴的な建物の34階から52階までを占め、レジャーやビジネスで訪れる旅行者にとって理想的なロケーションのシャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドン。

世界屈指のグローバル金融センターのシティは、テムズ河のすぐ向こう岸にあり、ビジネスとショッピングのハブ、カナリーワーフにはリバータクシーでやアンダーグラウンドで15分先。

床から天井まである窓から、テートモダンやグローブ座、セントポール寺院、シティ・オブ・ロンドン、ロンドン塔、タワーブリッジ、テムズ河沿いのカナリーワーフを遮る物なく一望できる。 

202室のエレガントルームとスイートを備え、シグネチャーワイン&ダイニング施設と河に面した3つのイベントルームに加えて52階にはインフィニティ―プールと24時間オープンのジム。

イギリスにおける税務戦略

概説

本資料は、シャングリ・ラ ホテルズPTE リミテッドおよびシャングリ・ラ インターナショナルPTE リミテッド(以下「シャングリ・ラ」)のイギリスにおける税務戦略を定めています。

本税務戦略は、グループがイギリスにおける税務戦略を公表することを要求する2016年財政法附則第19条に従って構築され、イギリスのグループに対する税務戦略の目的を定めています。本資料において定められる税務戦略は、確定申告のそれぞれ異なる面への明白な取り組みの構築や、シャングリ・ラのイギリスにおける運営への順守に合わせています。グループのほとんどの物質税には、法人税、固定資産税、雇用税、間接税が含まれており、本戦略で適用される税金は、2016年財政法附則第19条第15項で概説されるイギリスにおける課税の定義と合致しています。 

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、アジアで有数な高級ホテルグループです。世界で最も洗練されたホテル所有・管理会社の一つとしても知られております。象徴的なシャードのビルに入るロンドンのシャングリ・ラ ホテルは、最も高いバーとプールがある西ヨーロッパで一番高いのホテルです。

シャングリ・ラでは、倫理・行動規範に概説されている通り、すべての適用法に完全準拠して業務を執行することに取り組んでいます。シャングリ・ラの倫理・行動規範は、当社の使命を果たすために一丸となって働く方法に影響を与える原則と価値を概説しています。本規範では、取締役会と従業員がいつでも明白でかつ誠実で倫理的な方法で運営しなければならないことを説明しています。 

税務戦略

1.税務ガバナンスおよびリスク管理 

税金に対する全体的な責任を持ち、イギリスにおける財務チームは、イギリスの事業体の日々の税務運営の監視の責任を持ちます。イギリスにおけるチームは定期的に、準拠や確定申告における問題に関し、ドバイに本拠地を持つEMEAの財務担当副社長へ報告しています。重要な問題がイギリスにおけるチームによって認識された場合、問題が取締役会に報告されます。税務リスクを管理し、グループがイギリスにおける納税義務に順守するため、外部の顧問と定期的に相談しています。 

取締役会は、グループが適切で効率的なリスク管理と内部統制システムを維持することを確かにする全体的な責任を持ちます。取締役会は、リスク管理と内部統制システムの適切性と効率性の監視の責任を監査委員会に委任しています。 

税務リスクを含むリスクを識別、評価し、適切な制御とともに軽減するためのリスク管理の枠組みがあります。リスクは継続的に監査委員会に伝えられます。 

内部統制方針と手順は、企業の目的の達成に関して合理的な保証を提供することで、グループがさらされる可能性のあるリスクを識別し管理することを目的としています。監査委員会を通じて、取締役会は、グループの内部統制システムの効率性の再調査を実施します。再調査では、財務上(税金を含む)や運営上、順守制御やリスク管理の機能を含むすべての資材管理に及びます。グループは、管理の再調査や内部監査のプログラムを通じて、税金を含む内部財務統制システムも監視します。 

2. タックスプランニングに対する姿勢と税金への取り組み

シャングリ・ラの税金とタックスプランニングへの取り組みは、当社の戦略的な企業目標に注意深く一致しており、グループは当社の倫理・行動規範に概説させるすべての適用法に完全準拠して業務を執行することに取り組んでいます。 企業取引を引き受けるために税務上で最も効率的な方法を考慮しながら、商業活動と目標がすべての取引の基礎となっています。すべての納税者に対し、イギリス政府によって提供される合法な優遇税制や免税、減税を考慮していますが、完全に人為的および/または攻撃的なタックスプランニングに従事することはありません。シャングリ・ラは、イギリスにおけるすべての関連法規制に順守し、適切な時に適切な金額を支払うことは義務であると考えています。納税義務において重大な不確実性や複雑性がある場合には、外部からの忠告を求めます。 

3. 税務リスク

シャングリ・ラは、税務リスクに対し欲があまりありません。主な目的は、すべての法規制に準拠することであり、リスクへの全体的な取り組みに合致する税ポジションにおける確実性を達成するために、アドバイザーと積極的に従事します。

4. HMRC との関係

シャングリ・ラは、HMRCとの誠実で透明な関係を維持することを努め、協力的な態度で交流を実施します。当社の行動規範に概説される通り、すべての関係において誠実性や思いやり、完全性を示すことを目指しています。税務法や納税義務が明白でない場合や、解釈によって異なる場合には、すべての運営で完全な準拠を維持できるよう、外務の税務アドバイザーと従事します。適用される場合には、HMRCと協力し、適時にかつ専門的な方法で、いかなる相違も解決するよう努めます。 

電話

(44 20) 7234 8000

ファックス

(44 20) 7234 8009

メール

ロケーション

31 St Thomas Street, London, SE1 9QU, United Kingdom

チェックイン / チェックアウト

チェックイン: 15時
チェックアウト: 12時

お支払い方法

以下のクレジットカードをご利用いただけます:
American Express, JCB, MasterCard, Visa and UnionPay