+ 客室を追加する


ネイチャー

旅人を魅了するバンガロールの見どころ

ナンディヒルズ

ナンディヒルズは、インド南部のカルナタカ州のチッカバラプール地区にある丘の要塞です。チッカバラプールタルクから3~5キロ、バンガロールから60キロの場所にあり、海抜4,851 フィート(1,478 メートル)にあります。

一般的にナンディヒルズとして知られているナンディドゥールグヒルは、ペナー川、ポナイヤール川、パラル川の水源です。ナンディヒルズは、この敷地内の古代寺院の名称にちなんでいます。寺院には、シヴァ神の乗り物とされる乳白色の牡牛であるナンディの1千年前の像があります。


バナーガッタ国立公園

1971年にオープンしたバナーガッタ国立公園には、クロコダイルや虎、ライオンなどの様々な種類の動物や、20種類以上の蝶がいます。100平方キロメートル以上の敷地内を探索できるサファリツアーをご利用いただけます。

公園は、象やヒョウ、ジャッカル、キツネ、ガウル(インドヤギュウ)、猪、サンバー(インドシカ)、ホエジカ、ナマケグマ、日本鹿、野ウサギの自然の生息地です。訪問客に人気のスネークファームもあります。


カボン公園

バンガロールで最も重要な自然遺産の一つで、歴史的なイベントや文化的機関、庁舎で有名です。対称的な形状の公園は334エイカーにおよび、数多くの花や木立、樹木が植えられています。

カボン公園は1864年にリチャード・サンキーによって造られました。イギリス東インド会社のイギリス人陸軍士官でありマイソールの行政長官であったルテナン・マーク・カボンに敬意を表して名称ががつけられました。

カボン公園の中心部には、メモリアル・オブ・セシャダリ・アイヤーやデュワン・オブ・マイソールを展示しているパブリック・ライブラリーがあります。ヴィクトリア女王像もあります。公園には、約6,000種の植物や樹木が植えられています。


ラールバーグ植物園

植物園は、バンガロールで主要となるアトラクションです。

ラールバーグ植物園の建築はハイダル・アリーの統治時代の1760年に開始し、後継者のティプー・スルターンが完成させました。

バンガロール南部にあり、240エイカーにおよぶ植物園は、ムガール様式が取り入れられています。植物園には、珍しい種類の樹木や植物、その他世界中の植物が植えられています。敷地内には、30億年前と予想される有史前のラールバーグロックがあります。

天候
最高気温 最低気温
1月 28ºC 16ºC
2月 31ºC 18ºC
3月 33ºC 20ºC
4月 34ºC 22ºC
5月 33ºC 22ºC
6月 30ºC 21ºC
7月 28ºC 20ºC
8月 28ºC 20ºC
9月 29ºC 20ºC
10月 28ºC 20ºC
11月 27ºC 18ºC
12月 27ºC 16ºC