企業の社会的責任

子供達の両親に笑顔を

シャングリ・ラ ホテル バンコク

シャングリ・ラ ホテル バンコクの近辺にあるバンラック地区のラードシン病院は、定期的に2~4週間に1度、20名のタラセミアの患者のための輸血を必要としています。現在使用している輸血機は、輸血ポンプがないため、体液量過剰や輸血後の高血圧症に対応することができない場合があります。

ラードシン病院の輸血室での緊急的な必要性を認識し、ホテルは、健康と教育のクオリティの向上における寄付金の提供先として、この専門治療病院を選びました。

維持可能な医療 

ホテルでは、子供達が一般的な生活を送れる機会を提供する取り組みの中で、ラードシン病院での輸血室の改築をホテルの「エンブレイス」プロジェクトの最優先事項とすることを決断しました。最近において、2室の輸血室を改築し、子供達の両親だけでなく、医師や看護婦から笑顔を見ることができるようになりました。

活動およびワークショップ 

子供達の両親に、さらに優れたケアを提供するホテルの短期的および長期的活動や取り組みには、「一人の子供に一つのギフト」プログラムや、子供達の教育やエンターテイメントを目的とした2か月に1回の定期的訪問、栄養のある食糧の提供、修学旅行が含まれます。

参加しませんか

ラードシン病院での活動への参加を希望される場合は、人事部アシスタントダイレクター、スラデジ・スーンソブーンまでお問合せください。


シャングリ・ラの人々への支援プロジェクト

人々への支援プロジェクトのロゴマークには他者を温かく包みこむ気持ちを込めてハートのマークが採用されています。