企業の社会的責任

アブダビでの活動

シャングリ・ラ ホテル カリヤト アルベリ アブダビ

スペシャルケアセンター(SCC)は、体の不自由な人のケアやリハビリのための施設として社会保健省に登録されている認定機関であり、寄付やボランティアに依存する慈善団体です。 

この機関のパートナーとして、精神障害の生徒達へのスイミングレッスンの実施やセンターでの火災、生活、安全点検の実施、ファンデーの実施、スポーツデー、タレントショーなどの参加、12月のホテルクリスマスツリー点灯式への子供達の招待など、当ホテルは数多くの活動を通じて支援しています。

ホテルは、SCCの上級生クラスの生徒だったアビナッシュ・モハンを、客室清掃部の正社員として2013年6月に採用しました。その他の生徒では、セア・キュエンコが現在、人事部で2ヶ月の訓練プログラムを受けています。アビナッシュのように正社員として採用する可能性を検討しています。

最新ニュース 

ホテルは現在、SCC と協力し、休暇シーズン中のファンデーに向けたアクティビティの準備を行い、1年で定期的に実施されるビーチ清掃アクティビティも計画しています。

ラマダンの期間中にシャングリ・ラ ホテル アブダビに訪れ、SCCの手工芸やアート作品の展示をご覧ください。

詳細につきましては、こちらまでお問合せください。
エベリン・ウォン
ダイレクター・オブ・トレーニング
evelyn.wong@shangri-la.com


シャングリ・ラの人々への支援プロジェクト

人々への支援プロジェクトのロゴマークには他者を温かく包みこむ気持ちを込めてハートのマークが採用されています。