Press Release


プレスリリース

Shangri-La Hotel, Baotou Launches Paperless Registration Service

Shangri-La Hotel, Baotou launched a paperless registration service on 11 April 2013, becoming the first hotel in Baotou to provide this environmentally friendly service.

This new paperless technology has changed the traditional check-in and check-out process, allowing all information related to room reservations to be displayed on a tablet computer.  Guests sign on the tablet with a stylus and receive bills electronically at a preferred e-mail address.  This green system simplifies the check-in and check-out procedures and enhances the overall stay experience of guests.

"The new system greatly reduces paper wastage, resulting in a projected savings of 300,000 pieces of paper used annually based on last year's usage merely on check-in and check-out. In addition, the hotel has scheduled to put paperless techniques into the reservation system, further supporting our commitment to corporate social responsibility," said Steven Zhang, general manager of Shangri-La Hotel, Baotou.

Shangri-La Hotel, Baotou strives to provide guests comfort while protecting and caring for the environment. This includes regular green activities and energy-saving and emission-reducing projects.  In December 2011, the hotel announced that it would cease serving shark fin in its restaurants and would no longer accept new orders for shark fin products in banqueting.  As a certified ISO 14001 hotel, Shangri-La Hotel, Baotou puts all effort into energy efficiency compliance. Aside from this, the hotel uses biodegradable and compostable plastarch material, which degrades by around 70 per cent in 80 days, for all toiletry packaging.

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、さまざまなステークホルダーの関心のバランスをとりながら、経済的、社会的、そして環境的な責任を持った運営に専念し続けています。企業レベルによる企業の社会的責任(CSR)委員会は、コーポレート・シティズンシップ(社会の一員としての企業の責任・義務)や環境維持開発におけるリーダー的存在を目指しながら、環境、健康と安全、社員、サプライヤー、ステークホルダーとのかかわりといった戦略的分野における企業としての取り組みを促進しています。サステナビリティの取り組みのもと、シャングリ・ラの社会的責任プログラムは、「エンブレイス」と「サンクチュアリ」の主要部分として実施されています。「エンブレイス」は、恵まれない地域社会における最高レベルの教育や健康支援を促進することを目指す、シャングリ・ラのケア・フォー・ピープル・プロジェクトに重点を置いています。シャングリ・ラのケア・フォー・ネイチャー・プロジェクトに集中する「サンクチュアリ」プログラムは、生物多様性の保護や回復を促進しています。詳細に関しましては、ウェブサイトのCSRセクションをご覧ください。

プレスお問合せ

ジョアンナ・リー
コミュニケーション・マネジャー

電話番号

(86 472) 599 8350

ファックス

(86 472) 599 8350

住所

66Min Zu East Road, Qingshan District, Baotou City 014030 Inner Mongolia, China

メール

各国のプレスのお問合せ先