+ 客室を追加する


アート&カルチャー

旅人を魅了するウランバートルの魅力

モンゴルの文化、政治、経済、社交の中心部であるウランバートルは、地方へのエクスカージョンに便利なロケーションです。ウランバートルには、優れた名所や博物館、様々な飲食店やレストラン、エンターテイメントがあります。

チョイジンラマ寺院博物館
チョイジンラマ寺院博物館は、モンゴルの首都にある仏教寺院です。元々は、当時活仏だったジェプツンダンバ・ホトクトのボグド・ハーンの弟のために建てられた寺院で、4つの寺から成ります。(0.07キロ北) 

 チンギスハーン広場
市内中心部にある大きな広場は、1921年のモンゴルの革命の指導者、チンギス・ハーンにちなんで名づけられ、チンギス・ハーンの像が立っています。チンギス・ハーンが独立革命の勝利を宣言した場所でした。(0.5キロ北)

州立オペラ・バレエ劇場
1932年にロシア人によって建てられた州立オペラ・バレエ劇場は、チンギスハーン広場の南東の角にあるサーモンピンク色の建築物です。1年を通じて土曜日と日曜日の夜、夏季は時折週末の午後にオペラ(モンゴル語)とバレエのショーが劇場で開催されます。(0.7キロ北)

美術館
美術館には、シタ・タラの像や五智如来、佛塔、モンゴルで最大級の仏像画を含むザナバザルの作品が展示されています。 

モンゴル国立歴史博物館
モンゴル国立博物館は、新石器時代から現在まで訪問者を魅了しています。先史時代、モンゴル帝国以前の歴史、モンゴル帝国、清時代のモンゴル、民族誌学、伝統的な生活、20世紀の歴史に関する展示品をご覧いただけます。(1.6キロ北西)

ウランバートル自然史博物館
博物館には、恐竜やタルボサウルスの骨格標本が展示されています。(1.9キロ北西)

ガンダン修道院
1835年にチベットスタイルの修道院が建築され、ウランバートルの主要の修道院です。高さ26メートルあり、アジアで最大級の仏像の一つがあります。(2.9キロ北西)

ボグドハーン宮殿博物館
1893~1903年に建てられた宮殿は、モンゴルの8代目活仏であり最後の皇帝だったジェプツンダンバ・ホットク8世(別名ボグド・ハーン)が20年間住んでいた場所です。

天候
最高気温 最低気温
1月 -25ºC -35ºC
2月 -20ºC -30ºC
3月 1ºC -20ºC
4月 12ºC -2ºC
5月 18ºC 6ºC
6月 25ºC 11ºC
7月 28ºC 12ºC
8月 21ºC 15ºC
9月 18ºC -1ºC
10月 0ºC -5ºC
11月 -9ºC -15ºC
12月 -22ºC -30ºC