Press Release


プレスリリース

Shangri-La Hotel, Kuala Lumpur Participated In Earth Hour 2013

Shangri-La Hotel, Kuala Lumpur Participated In Earth Hour 2013

The management and staff at Shangri-La Hotel, Kuala Lumpur continued their efforts to conserve energy and save the Earth by participating in the World Wide Fund for Nature’s (WWF) Earth Hour 2013 on 23 March 2013, between 8:30 and 9:30 p.m.

During the Earth Hour 2013, all non-essential power and lights throughout the hotel, including garden lighting, signage, water fountains and escalators, were turned off.  The hotel laundry operation was also stopped for an hour, and all the restaurants’ lighting were put to a minimal usage in a concerted effort to fight against global warming. All employees were advised to switch off unnecessary equipment such as computers, fax machines, printers, photocopiers and other electrical appliances. The management also sent in-room guests letters recommending minimal use of electrical appliances, such as lights and air conditioning systems, in guestrooms.

On top of that, a 2.5metrehigh Earth Hour logo structure showing the figure ‘60’ was specially constructed in the garden. The hotel staff lit up candles and placed them on the logo during the hour when the lighting has been dimmed. All hotel guests were also invited to join and show their support to the cause by participating in the candle lighting activity.

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、さまざまなステークホルダーの関心のバランスをとりながら、経済的、社会的、そして環境的な責任を持った運営に専念し続けています。企業レベルによる企業の社会的責任(CSR)委員会は、コーポレート・シティズンシップ(社会の一員としての企業の責任・義務)や環境維持開発におけるリーダー的存在を目指しながら、環境、健康と安全、社員、サプライヤー、ステークホルダーとのかかわりといった戦略的分野における企業としての取り組みを促進しています。サステナビリティの取り組みのもと、シャングリ・ラの社会的責任プログラムは、「エンブレイス」と「サンクチュアリ」の主要部分として実施されています。「エンブレイス」は、恵まれない地域社会における最高レベルの教育や健康支援を促進することを目指す、シャングリ・ラのケア・フォー・ピープル・プロジェクトに重点を置いています。シャングリ・ラのケア・フォー・ネイチャー・プロジェクトに集中する「サンクチュアリ」プログラムは、生物多様性の保護や回復を促進しています。詳細に関しましては、ウェブサイトのCSRセクションをご覧ください。

プレスお問合せ

ローズマリー・ウィー
エリア・ダイレクター・オブ・コミュニケーション

電話番号

(60 3) 2032 2388 内線 1186/1187

ファックス

(60 3) 2031 4927

メール

各国のプレスのお問合せ先