Press Release


プレスリリース

Shangri-La's Tanjung Aru Resort & Spa, Kota Kinabalu Observes Earth Hour

Earth Hour Candle

Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia, 24 March 2014 - Shangri-La's Tanjung Aru Resort & Spa, Kota Kinabalu will observe Earth Hour on 29 March 2014 with a variety of planned activities throughout the day.

Advocating the motto reduce, reuse and recycle (3R), resort staff will begin Earth Hour bright and early with a collaborative beach clean up on Mamutik island with volunteers from Sabah Parks, Raleigh International, Borneo Divers and a handful of resort guests. On the same morning, the resort will introduce its official mascot Jaga, the clownfish to drive awareness towards marine conservation.

A week prior, resort staff pitched in to make 1,441 tea candles from recycled cooking oil that were individually filled into used mini jam jars. These candles will be lit during Earth Hour to illuminate the resort's seven restaurant and bars.

Additionally, guests will also be encouraged to conserve water and energy by opting not to change their bed sheets or towels for the day. Between 8:30 and 9:30 p.m., the resort will switch off all non-essential lights in most back-of-the-house areas and dim the lights in public areas, restaurants and the hotel exterior. Guests will be encouraged to participate by turning off the lights in their guestrooms.

"Energy conservation, environmental protection and the reduction of waste emissions are fundamental elements of our corporate social responsibility. We are committed to making a big difference, embracing the world to live more sustainably," said Craig Powell, general manager of Shangri-La's Tanjung Aru Resort & Spa, Kota Kinabalu.

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、さまざまなステークホルダーの関心のバランスをとりながら、経済的、社会的、そして環境的な責任を持った運営に専念し続けています。企業レベルによる企業の社会的責任(CSR)委員会は、コーポレート・シティズンシップ(社会の一員としての企業の責任・義務)や環境維持開発におけるリーダー的存在を目指しながら、環境、健康と安全、社員、サプライヤー、ステークホルダーとのかかわりといった戦略的分野における企業としての取り組みを促進しています。サステナビリティの取り組みのもと、シャングリ・ラの社会的責任プログラムは、「エンブレイス」と「サンクチュアリ」の主要部分として実施されています。「エンブレイス」は、恵まれない地域社会における最高レベルの教育や健康支援を促進することを目指す、シャングリ・ラのケア・フォー・ピープル・プロジェクトに重点を置いています。シャングリ・ラのケア・フォー・ネイチャー・プロジェクトに集中する「サンクチュアリ」プログラムは、生物多様性の保護や回復を促進しています。詳細に関しましては、ウェブサイトのCSRセクションをご覧ください。

プレスお問合せ

クラウディア・ウォン
ダイレクター・オブ・コミュニケーション

電話番号

(60 88) 327 882

ファックス

(60 88) 244 871

住所

No. 20, Jalan Aru, Tanjung Aru, 88100 Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia

メール

各国のプレスのお問合せ先