Press Release


プレスリリース

Resort Launches New CSR Aquaponics Project

Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia, 4 February 2014 – Shangri-La’s Tanjung Aru Resort & Spa, Kota Kinabalu has expanded its corporate social responsibility (CSR) efforts to include aquaponics, a self-sustaining food production system. The process combines aquaculture, the farming of fish, and hydroponics, the farming of plants in water.

The resort’s aquaponics project is a sustainable food production system constructed out of discarded materials found in and around the resort. The system will soon be upgraded and powered by solely by solar energy. The resort will use this system to cultivate a variety of herbs and vegetables and to breed freshwater tilapia.

“We are excited to be the first hotel in Kota Kinabalu and the only hotel within the Shangri-La group to launch this aquaponics system. Shangri-La’s Tanjung Aru Resort & Spa, Kota Kinabalu is a strong advocate for environmental sustainability and this is proven by our recent awards won at the 2013 Prime Minister’s Hibiscus Award for Exceptional Achievement Award in the environmental performance and the coveted Sabah State Award,” said Craig Powell, general manager of Shangri-La’s Tanjung Aru Resort & Spa, Kota Kinabalu.

Shangri-La’s Tanjung Aru Resort & Spa, Kota Kinabalu will be collaborating with a non-governmental organisation (NGOs) to introduce aquaponics to rural communities in needs as a means of providing an alternative sustainable livelihood. The resort also intends to introduce aquaponics to schools as an educational tool to teach students on the mechanics and advantages of this system in promoting a better environment.

A medium-scale interactive model of the resort’s aquaponics system can be viewed at STAR Marina for guests to discover the benefits of this alternate farming method through the expert knowledge of its resident marine biologist.

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、さまざまなステークホルダーの関心のバランスをとりながら、経済的、社会的、そして環境的な責任を持った運営に専念し続けています。企業レベルによる企業の社会的責任(CSR)委員会は、コーポレート・シティズンシップ(社会の一員としての企業の責任・義務)や環境維持開発におけるリーダー的存在を目指しながら、環境、健康と安全、社員、サプライヤー、ステークホルダーとのかかわりといった戦略的分野における企業としての取り組みを促進しています。サステナビリティの取り組みのもと、シャングリ・ラの社会的責任プログラムは、「エンブレイス」と「サンクチュアリ」の主要部分として実施されています。「エンブレイス」は、恵まれない地域社会における最高レベルの教育や健康支援を促進することを目指す、シャングリ・ラのケア・フォー・ピープル・プロジェクトに重点を置いています。シャングリ・ラのケア・フォー・ネイチャー・プロジェクトに集中する「サンクチュアリ」プログラムは、生物多様性の保護や回復を促進しています。詳細に関しましては、ウェブサイトのCSRセクションをご覧ください。

プレスお問合せ

クラウディア・ウォン
ダイレクター・オブ・コミュニケーション

電話番号

(60 88) 327 882

ファックス

(60 88) 244 871

住所

No. 20, Jalan Aru, Tanjung Aru, 88100 Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia

メール

各国のプレスのお問合せ先