ラサリアでのさらなる取り組み