Press Release

プレスリリース

シャングリ・ラ、2013~2014年に中国北部に3軒の新ホテルを開業 渤海沿岸の秦皇島、天津、唐山に進出

更新:2010年9月

アジア太平洋地域を代表するラグジュアリー ホテルグループであるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ(本社:香港 代表取締役社長:グレッグ・ドーガン)は、2013~2014年に中国北部に新たに3軒のホテルを開業いたします。新ホテルが建てられる秦皇島(しんこうとう)、天津、唐山(とうざん)は、中国北部やアジア北東部と交易のある渤海(ぼっかい)湾の重要な沿海都市です。

これらのホテル開発は、北京や内モンゴルなど中国北部においてシャングリ・ラ グループが推進するプロジェクトの一環となります。
シャングリ・ラは、チャイナワールド サミットウィング 北京の開業(8月予定)により、同地域で8軒のホテルを運営することになります。さらに、河北省、天津市、内モンゴルの満洲里にも新ホテルの建設を予定しており、今後3年間でその数は12軒に増えます。

シャングリ・ラ ホテル 秦皇島
シャングリ・ラ ホテル 秦皇島は、ビジネスの中心街に程近い海港地域に位置する都市リゾートです。ビーチ沿いに建つ全317室のホテルは低層の現代建築で、ビジネスやレジャーで訪れるお客様に最適です。それぞれの客室には、広々としたバルコニーがあり、渤海湾の眺めをお楽しみいただけます。館内の飲食施設は、中国料理レストランやオールデイダイニング レストラン、また、夕方に生演奏を楽しめるバーをご用意。会議施設は、1,200平方メートルのグランドボール ルームや、水辺の美しい庭園が設けられた多目的パビリオンをご利用いただけます。フィットネスクラブには、25メートルプールやフリーフォーム プールがございます。家族旅行のお客様は、レクリエーション施設の整ったキッズクラブをご利用いただけます。

秦皇島は、北京の北東320キロメートルに位置します。河北省の重要な経済都市の一つであり、夏季にはレジャーで人気のデスティネーションです。新ホテルは、秦皇島で最も新しい開発区であるゴールデンドリーム ベイにあり、ビジネスのお客様だけでなく、観光シーズンには海辺での休暇やパーティなどで訪れるお客様にも最適。秦皇島は、鉱物資源が豊富で、ガラス産業の中心地となっているほか、観光、港湾物流、情報技術産業で知られています。

シャングリ・ラ ホテル 天津
シャングリ・ラ ホテル 天津は、天津のダウンタウンに新たに建設されるケリーセンター複合施設内にオープンし、同センターの主要施設になります。海河(かいが)沿いに位置し、ケリーセンターモールやオフィスビルに隣接します。ホテルは507室を擁し、内装は、天津の豊富な文化遺産や、歴史的海港都市や商業の中心地としての多様な建築様式を反映。ホライゾンクラブの専用ラウンジやスカイラウンジからは、パノラマに広がる市内の眺めを一望できます。お食事は、オールデイダイニング レストラン、中国料理レストラン、ロビーラウンジ、バーをご利用いただけます。そのほか、2,000平方メートルのグランドボールルームを併設。

天津は、東側を渤海に隣接し、北部、西部、南部を河北省に囲まれています。北京の南東113キロメートル程の場所に位置し、北京から天津へは高速鉄道で30分。天津は、20世紀初めに中国北部の商業分野でもっとも繁栄し、1921年に中国初の証券取引が行われた場所でもあります。市内の港は、総合的な機能を持ち、中国北部でもっとも繁栄している商業港です。天津は、中国北部の商業ハブとして、また、首都北京への玄関口として機能しています。

シャングリ・ラ ホテル 唐山
シャングリ・ラ ホテル 唐山は、市北部のフェニックス ニュータウン開発区に建てられ、新しい金融街に隣接しています。ホテルは、スイートを含め全427室を擁し、一部の客室からは、北西に大きな公園を見渡せます。ロビーラウンジは、公園を望むアトリウム内に位置し、周囲を1,375平方メートルのグランド ボールルームなどの会議施設に囲まれています。館内の飲食施設は、オールデイダイニング レストラン、広東料理やローカル料理を提供する中国料理レストラン、スペシャルティ レストランを揃えます。

唐山は渤海湾の中心部に位置し、北を燕山山脈、東を秦皇島市、南を渤海に囲まれています。唐山から北京へは西に180キロメートル、天津へは同じく西に120キロメートルほどの距離です。渤海の対岸には北朝鮮や韓国があり、唐山は北京東部の“宝島”として長い間知られています。
渤海の重要な沿海都市である唐山は、エネルギー資源、鉱物、石灰石、金が豊富です。同市は、エネルギーや原材料製品、ガラス製造、陶磁器、医薬品、電子機器、自動車の中心地で、1日1,000台の自動車を生産しています。シャングリ・ラ ホテルが建設予定のフェニックス ニュータウンは、新しい金融や商業のハブになり、富裕層向けの住宅地を含む高度技術工業団地が誕生します。また、同市は中国北部の鉄道のハブとして、2011年には、天津から唐山への高速鉄道が完成する予定です。

香港を拠点とし、世界トップのホテル企業の1つであるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは現在、「シャングリ・ラ」のブランド名で、80軒以上のホテルを所有・運営し、総客室数34,000以上を有しています。40年に渡り当グループでは、「シャングリ・ラ ホスピタリティーは人を思う心から」の精神をもってお客様をおもてなししてきました。現在当グループは、中国、インド、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、カタール、スリランカ、イギリスでプロジェクトが進行中です。ご予約やご質問等は各旅行代理店、またはwww.shangri-la.com/jp/までお問合せください。