Press Release

プレスリリース

シャングリ・ラ、2012年にトレーダース ホテル イスカンダルを開業予定 - マレーシア南部の開発計画「イスカンダル・マレーシア」初のインターナショナルホテル

更新:2010年5月

アジア太平洋地域を代表するラグジュアリー ホテル グループであるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ(本社:香港 代表取締役社長:グレッグ・ドーガン)は、テーマ・アトラクションズ・アンド・リゾーツ(TAR)社と、トレーダース ホテル イスカンダルの開業と運営に関する契約を締結いたしました。新ホテルは、マレーシアの開発特区であるヌサジャヤ初のインターナショナルホテルで、近々建設予定のマレーシア初の家族向け屋内テーマパークに併設する唯一のホテルになります。TAR社は、マレーシア政府系投資会社傘下であるカザナ・ナショナル社の100%子会社です。

トレーダース ホテル イスカンダルは、マレーシア南部の開発計画「イスカンダル・マレーシア」の5地域の一つ、ウォーターフロントエリアのヌサジャヤ地区中心に位置します。ホテルは、家族向けエンターテインメントセンターや、広さ約9,290平方メートルのショッピングセンターを含む複合商業施設内にオープン。ヌサジャヤ地区にあるプテリ・ハーバーには、近い将来、水上交通ターミナルと3つのマリーナが整備される予定です。ホテルは、シンガポールとマレーシアのジョホール州間を結ぶ橋、「マレーシア・シンガポール・セカンドリンク」から車で15分、スナイ国際空港から約35分、クアラルンプールから車で3時間の距離です。

新ホテルを併設する屋内テーマパークは、広さ約5,574平方メートルで、世界的に有名で子供に人気のキャラクターをテーマにしています。パークは全3エリアで構成され、ハローキティやサンリオ社のキャラクターたちを主人公にした「ハローキティタウン」、ヒット・エンターテイメント社の「きかんしゃトーマスとなかまたち」、「バーニー」、「ボブ・ザ・ビルダー」、「ピングー」、「アンジェリーナ・バレリーナ」を演出した「リトル・ビッグ・クラブ」、地元で人気の漫画家、ラット氏プロデュースのテーマ型ファミリーレストランに分かれています。
ジョホール州ヌサジャヤ西部の新開発地区は、1万ヘクタール。ビジネス、住居、レジャーなど、世界レベルの環境が整った総合型都市が構想されています。

2012年に開業予定の新ホテルは4階建てで、全286室。客室は36平方メートル以上で、テーマに沿った装飾が施されています。ホテル内の飲食施設は、終日営業のダイニングレストラン、ロビーラウンジ、スカイラウンジ&バーをご利用いただけます。MICE向けには、620平方メートルのボールルームや小規模から大規模まで様々なイベントに対応したファンクションルームを併設しております。

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツの代表取締役社長 グレッグ・ドーガンは、次のように述べています。「トレーダース ブランドは、世界中で広く知られています。ヌサジャヤのプテリ・ハーバーは、マレーシアの新しい観光地区の一つとして活発に開発が進められており、同地域の発展に寄与できることを嬉しく思います。TAR社と協力し、ここを訪れるご家族や旅行者の思い出に残る体験を提供いたします。」

香港を拠点とし、世界トップのホテル企業の1つであるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは現在、「シャングリ・ラ」のブランド名で、80軒以上のホテルを所有・運営し、総客室数34,000以上を有しています。40年に渡り当グループでは、「シャングリ・ラ ホスピタリティーは人を思う心から」の精神をもってお客様をおもてなししてきました。現在当グループは、中国、インド、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、カタール、スリランカでプロジェクトが進行中です。ご予約やご質問等は各旅行代理店、またはwww.shangri-la.com/jp/までお問合せください。