Press Release

プレスリリース

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツおよびフェラーリ 「フェラーリ・チャレンジ」で提携を発表

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ(本社:香港 代表取締役社長:グレッグ・ドーガン)は、フェラーリS.p.A(本社:イタリア、マラネッロ 会長:ルカ・ディ・モンテゼーモロ氏)と共同で、世界各地で開催されているオーナー向けのフェラーリ「458 チャレンジ」車輌によるワンメイクレース、「フェラーリ・チャレンジ」に、オフィシャル・ホテルパートナーとして協力することを発表しました。2014年6月8日に上海で開催された「フェラーリ・レーシング・デイズ」で発表された今回の提携は、シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツおよびフェラーリにとって初の試みです。

今回の提携により、世界中のシャングリ・ラのVIP顧客や取引先の方々には、フェラーリのバックステージ・ツアー、ヨーロッパやアジア太平洋地区で開催される「フェラーリ・チャレンジ」、中国の「フェラーリ・レーシング・デイズ」開催期間中のホットラップをはじめとするフェラーリを間近でご体験頂けるパドックへのアクセス、さらには世界最高峰の自動車レースの「フォーミュラ1」の観戦など、上質な世界をお楽しみいただけます。

またブランディングの一環として、今回の提携により、シャングリ・ラのブランドロゴが、宣伝イメージをはじめ、車体、表彰台、公式サイトなど、「フェラーリ・チャレンジ」に関連するあらゆる活動やイベントに掲示されます。またフェラーリ・ファンには、シャングリ・ラが世界中で展開する80以上の高級ホテルおよびリゾートでの滞在をお楽しみいただけます。さらに近い将来、中国国内のシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツがある都市で、「フェラーリ・ラリー」のチャリティ・ラリーが開催されます。

シャングリ・ラ  ホテルズ&リゾーツ 代表取締役社長 グレッグ・ドーガンは、次のように述べています。「エキサイティングなブランドであり、かつ素晴らしい製品を提供するフェラーリと提携できることは、大変光栄です。今回の提携を通して、シャングリ・ラ、フェラーリのそれぞれのお客様にレースの楽しさや情熱、心からのおもてなしなど、ユニークな体験をご提供いたします。」

フェラーリが運営するF1レーシングチーム「スクーデリア・フェラーリ」のチーム代表、マルコ・マティアッチ氏は、次のように述べています。「シャングリ・ラのような名誉あるブランドと提携できることを大変うれしく思います。フェラーリはレーストラック上で、シャングリ・ラはお客様に卓越したサービスを提供することで、お互いに細部へのこだわりを尊重する点など、シャングリ・ラとフェラーリにはたくさんの共通点があります。」


フェラーリ・チャレンジ - 2014年度スケジュール
フェラーリ・チャレンジ・アジア-パシフィック
 

フェラーリ・チャレンジ・ヨーロッパ
 

4月4日~6日モンツァ(イタリア)
5月16日~18日         ムジェッロ(イタリア)
6月20日~22日         ブルノ(チェコ)
7月18日~20 日         ポルティマン(ポルトガル)
9月12日~14日シルヴァーストーン(イギリス)
10月24日~26日イスタンブール(トルコ)
12月3日~6日フィナーリ・モンディアーリ(アブダビ)

*太字箇所は、その都市、または近隣にシャングリ・ラ ホテルがある会場です。

 

フェラーリについて:
1947年3月12日、創業者エンツォ・フェラーリが自ら試運転する、「フェラーリ」の名で初めて生産された「フェラーリ 125S」が、マラネッロのファクトリーからお目見えしました。その日から、世界中で類を見ない「フェラーリ」の歴史が始まりました。

「フェラーリ 125S」が販売されてわずか2年で、「フェラーリ」はすでに世界中のレースで、大きな存在感を示すようになっていました。1950年にフォーミュラ1が初めて開催されてからは、「フェラーリ」もフォーミュラ1に参戦。現在では、開催初年度からF1に参戦を続ける、唯一の自動車メーカーであり、過去最多となる15回のドライバーズチャンピオンと16回のコンストラクターズチャンピオンを獲得しています。

「F12 ベルリネッタ」、「FF(フェラーリ・フォー)」、「458 イタリア」、「フェラーリ・カリフォルニア T」など、現在の12気筒と8気筒のシリンダーのモデルに代表される、「フェラーリ」車輌には、今日に至っても「フェラーリ」の伝統が受け継がれており、世界最高峰のテクノロジーとイタリアンデザインの典型例とも言えるでしょう。

 

香港を拠点とし、世界トップのホテル企業の1つであるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは現在、「シャングリ・ラ」のブランド名で、90軒以上のホテルを所有・運営し、総客室数38,000以上を有しています。40年に渡り当グループでは、「シャングリ・ラ ホスピタリティーは人を思う心から」の精神をもってお客様をおもてなししてきました。現在当グループは、中国、カンボジア、香港、インド、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、カタールやスリランカでプロジェクトが進行中です。ご予約やご質問等は各旅行代理店、またはwww.shangri-la.com/jp/までお問合せください。