Press Release

プレスリリース

静安 シャングリ・ラ 上海 オープン日決定

シャングリ・ラ ホテル&リゾーツ(本社:香港 代表取締役社長:グレッグ・ドーガン)は、2013年6月29日(土)に新しい旗艦ホテルとなる「静安(せいあん) シャングリ・ラ 上海」を上海中心部にオープン致します。508室のゲストルームを有する「静安 シャングリ・ラ 上海」は、高級で魅惑的な世界へお客様をお迎えします。

「静安 シャングリ・ラ 上海」は店舗、オフィス、レジデンスの複合ビルであり、総面積45万平方メートルの広さを誇る上海市静安区の浦西の新たなランドマーク「静安ケリーセンター」内に位置します。また当ホテルの親しみやすく現代的なデザインは、シャングリ・ラならではの心のこもった「おもてなし」を一層引き立てます。

当ホテルは細部にいたるまで配慮が施されています。スタッフのユニフォームは中国人トップファッションデザイナーであるハン・フェン氏がデザインし、中華料理レストランの「夏宮」では80を超えるシルクの提灯がまるで魔法のように部屋を照らします。さらにホテルを彩る大型の展示美術品は中国を代表する近代芸術の巨匠であるゼン・ファンジ氏とジョウ・チュンヤ氏が手がけました。

シャングリ・ラ インターナショナル ホテル マネジメント リミテッド 代表取締役社長 グレッグ・ドーガンは、次のように述べています。「『静安 シャングリ・ラ 上海』は活気にあふれる上海に相応しいようデザインされました。6月29日にシャングリ・ラのお客様、友人、静安の地元の人々、そして上海のコミュニティーに向けて、当ホテルの門戸が開かれることを楽しみにしております。」

当ホテルからは、3,000平方メートルを有する「静安ケリーセンター」の中心広場を見渡すことができ、歩道や庭園、噴水、アルフレスコダイニングをご覧いただけます。当ホテルは、60階建てメインタワー上層部の29フロアをゲストルームが占め、下層部にはレストランやオフィス、店舗が入る予定です。 

広々としたゲストルームは贅沢ながら繊細なインテリアで装飾され、床から天井まである窓からは、上海の美しい眺めを一望することができます。また全てのゲストルームには大理石の床暖房が設置され、バスルームの鏡には液晶テレビとデジタル時計が内蔵されています。

当ホテルの55階のホライゾンラウンジからは上海の壮大な眺めを一望する360度のパノラマビューをお楽しみいただけます。ホライゾンラウンジは、62平方メートルの広さを誇るグランドプレミアムルームのカテゴリーおよび、スイートにご滞在のお客様がご利用いただけます。 

ホテルでお楽しみいただけるレストランとラウンジも当ホテルの魅力の一つです。レストランやラウンジではそれぞれ違った環境がお楽しみいただけます。

「夏宮」では、中国南東部の料理が広東風スタイルで提供されます。風景を詩的に描いた中国の墨絵画にインスパイアされて設計されたそれぞれの部屋で、異なった雰囲気とメニューをご堪能いただけます。点心を提供する「Pantry Chamber」や、オープンキッチンで土鍋を使った料理に特化した「Lantern Chamber」、フォーマルなダイニングに相応しい「Imperial Chamber」など色とりどりの部屋をご用意しております。

「The 1515 WEST, Chophouse & Bar」は、古い上海映画制作とクラシックなアメリカンバー&グリルが融合した内装をコンセプトにした空間です。エグゼクティブ・シェフのフランコ・ブロディー二が「The 1515 WEST」専用にオーストラリアで育てられた牛を使い、“牧場からテーブルに”スタイルのダイニング体験をお届けします。メインのダイニングルームではオープングリルキッチンやバー、さらに世界クラスのバーテンダーがつくるカクテルを提供する「The 1515 WEST bar 」があります。

当ホテル2階の「Café LIANG & mezzanine」はビュッフェ・ダイニングに新たな工夫が加えられました。メインコースは“チェックボックス”の献立表を用意し、ビュッフェとテーブルサービスを組み合わせました。メインコースはダイニング大皿盛りでの提供も可能で、オープンスペースでの戸外ダイニングも可能です。またアラカルトの日本料理を中2階でお楽しみいただけます。

「Café LIANG」の向いには竹に覆われ、ガラス屋根が特徴的な、2フロアを使ったモダン地中海レストランとワインバーがお楽しみいただけます。

オープンスペース内では毛沢東が1920年に数カ月を過ごした家があります。「静安ケリーセンター」のモダンタワーに囲まれて保存された歴史的なその家は、「嘉里建設有限公司」と「シャングリ・ラ ホテル&リゾーツ」の支援を得て、静安区と共同で保存されています。

ビジネス街の中心部に位置する当ホテルは、会議やイベントの際に総面積4,465平方メートルの圧倒的な広さを誇るミーティング・会議施設をご利用いただけます。「静安 シャングリ・ラ イベントセンター」は5階建てタワーの5階に位置し、3階からはホテルのタワーへのアクセスが可能です。

また上海西部で最大級の1,740平方メートルの広さと天井高10メートルを誇る静安グランドボールルームをはじめ、1,039平方メートルのプレファンクションエリアと541平方メートルのジュニアボールルーム、総面積659平方メートルのファンクションルーム6室の施設をご利用いただけます。

イベント施設の中で特徴的なものの1つは「ライフスタイルスイート」です。当スイートは、プライバシーと高級さがぴたりと組み合わされ、専用のバーや受付、リビングルーム、ダイニングルーム、さらに中庭を備えています。当スイートは最高で80人まで収容可能です。

その他にもCHI「氣」スパ、最先端の総合ヘルスクラブ、スカイドームのある全長25メートルの室内温水プールを完備しております。

当ホテルは上海展覧センター、静安寺、南京路のショッピングストリートに程近く、地下鉄2号線と7号線まで地下通路で直結されているため、アクセスに優れています。また浦東国際空港から車で45分、虹橋空港から隣接の高架路の延安中環状線を経由して車でわずか20分の場所に位置しています。

「静安 シャングリ・ラ 上海」と「静安ケリーセンター」の開発は米国グリーンビルディング協会による緑の建築認証システム、「LEED認証」を受けています。当ホテルはシャングリ・ラにとって、金融地区に外灘と向かい合って位置する「浦東 シャングリ・ラ 上海」、世紀公園と上海万博施設に程近いロケーションの「ケリーホテル浦東」に続いて、上海において3軒目のホテルです。

シャングリ・ラ ホテル&リゾーツは、先月5月11日(土)にヨーロッパに2軒目の「シャングリ・ラ ホテル イスタンブール」をオープンし、中国国内においても山東省曲阜市(チューフー)にシャングリ・ラ ホテル 曲阜が8月1日(木)にオープンする予定です。

香港を拠点とし、世界トップのホテル企業の1つであるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは現在、「シャングリ・ラ」のブランド名で、80軒以上のホテルを所有・運営し、総客室数34,000以上を有しています。40年に渡り当グループでは、「シャングリ・ラ ホスピタリティーは人を思う心から」の精神をもってお客様をおもてなししてきました。現在当グループは、中国、インド、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、カタール、スリランカでプロジェクトが進行中です。ご予約やご質問等は各旅行代理店、またはwww.shangri-la.com/jp/までお問合せください。