Press Release

プレスリリース

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ、「トレーダース ホテル ヤンゴン」を 「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン」にリブランド

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ(本社:香港 代表取締役社長:グレッグ・ドーガン)は、2014年4月28日、ミャンマーの「トレーダース ホテル ヤンゴン」を大幅に改装し、「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン」として運営を開始したことを発表しました。完成におよそ2年半かけて、「トレーダース ホテル ヤンゴン」は、「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン」にリブランドいたしました。

484の客室を擁する「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン」は、スーレーパゴダロードに位置し、ヤンゴンの中心部の2000年以上の歴史を有する仏塔「スーレーパゴダ」に程近い立地です。1996年11月に「トレーダース ホテル ヤンゴン」として開業して以来、約20年間、当ホテルは、ビジネスマンやホテルのお客さまの集いの場・交流の場として商業の中心地には欠かせない存在になってまいりました。

大英帝国の主要な港のひとつだったヤンゴンは、独立してからおよそ50年の月日が流れてもなお、大英帝国統治時代の影響が残っており、ミャンマーの歴史と豊かな文化のエッセンスとなっています。新しくリブランドされた「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン」のエレガントさとシンプルさが自然に組み合わされたデザインは、歴史や文化を取り入れています。

SSYN1 

ホテルの外観は現代的ですが、堂々たる白い柱とバルコニーまで続く大階段を有するロビーは大英帝国統治時代を思わせます。このクラシックな雰囲気は、隣接した「ロビーラウンジ」でも同様で、天井はロビーの2倍の高さがあり、豪華なクリスタルシャンデリアが、孔雀が精巧に描かれた壁画を際立たせています。(ビルマ語でウードンと呼ばれる真孔雀は、ミャンマーの国獣です)

ホテルスタッフの制服は、ミャンマーの彩り豊かな歴史を尊重し、伝統的なロンギ(スカートのように巻いて着る長い布)を取り入れ、ホテル仕様の特別なデザインがなされています。またホテルのドアマンは、ミャンマーの7つの州をそれぞれ象徴するデザインがされた、7種類の制服を着用します。

当ホテルのパブリックエリアを歩くと、より文化的要素がある背の高い華美なビルマ陶器や入り組んだ木彫りの窓枠、Ba Khine氏やHla Phone Aung氏(当ホテルのカフェ、会議室、スイートに展示)などの地元の芸術家に特別に依頼したアート作品をお楽しみいただけます。「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン」は、地元の芸術家や職人が手掛けた、ビルマ芸術のショーケースとも言えるでしょう。

当ホテルのダイニングは、新しく生まれ変わったレストランやラウンジで、様々なメニューをお楽しみいただけます。

大きな窓より街の眺めを楽しめる、シャングリ・ラを代表する中国料理のレストラン、「夏宮」(サマーパレス)は、そんなレストランの1つです。淡い色の壁や模様が入った天井に対し、格調高い赤色やマホガニー色がアクセントとなっています。また、照明の周りに配された中国の絵画とファブリックは、広東風点心や本場の中国料理専門のレストランと6つのプライベートダイニングルームをより魅力的な空間へと作り上げています。

SSYN2 

「ギャラリー バー&レストラン」は、英国統治時代のパブリック・ドリンキング・ハウスのデザインが反映されています。(ダークウッドのインテリア、黄銅のデザインなど)また、壁に飾られた1800年代初期の記念品や写真が、ホームメイドのシェパーズパイ、ステーキ、軽食、冷たいビールなどの当店のメニューに加え、壁に飾られた1800年代初期の記念品や写真が当時を思い起こさせます。またバルコニーからは、人々でいつも賑わっている「ロビーラウンジ」の全面をご覧いただけます。

「カフェスーレー」(アジア料理や世界各国の料理を提供するレストラン)をはじめ、「ピーコック ラウンジ」(ご友人とだけでなく、仕事のお客様ともお使いいただけるラウンジ)、「グルメショップ」(焼きたてのパンやスナック、お飲み物などを提供するお店)の3つのダイニングスペースも改装が施されました。また、「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン」の全てのお店は、ミャンマーでは初めて、食品マネジメントと衛生の世界クラスの基準の方式、「総合衛生管理製造過程(HACCP)」認証 を受けています。

自然光を浴し、屋外プールを見渡すことのできる「フィットネスセンター」では、850平方メートルのスペースに、フィットネス設備、サウナ、スチームルーム、マッサージルームを備えています。また使節団や要人も受け入れ、ホテルの3階分を占める、会議施設も一新されました。

SSYN3 

当ホテルの装飾は、「過去」を参考にしていますが、ゲストルームのアメニティは、とてもモダンです。484のモデルチェンジしたお部屋からは、ヤンゴン市街、ヤンゴン川、またはシュエダゴン・パゴダの眺望をお楽しみいただけます。お部屋には、フラットスクリーンのテレビ、無料のWi-Fi インターネット接続、24時間のルームサービス、上質なリネン、大理石のバスルームなどを備えています。またそれぞれのお部屋に飾られた、地元の生活を鮮やかに描いた絵が、モダンな雰囲気を演出します。

当ホテルの最上階には、ヤンゴンの街並みまたはヤンゴン川を見渡すことのできる、改装された3つのスイート(スイートは計4種)がございます。お部屋には、芸術を取り入れ、ミャンマーの評価が高い手工芸品を展示しています。市内で最大の「プレジデンシャルスイート」を含む、当ホテルのスイート(66平方メートル~189平方メートル)は、リラックスするスペースと仕事をするスペースを分けて、デザインされています。また広々としたバスルームには、バスタブとレインフォレストシャワーヘッド付きのシャワールームが備えられており、豪華なアメニティもご用意しております。

SSYN4 

新しい「ホライゾンクラブラウンジ」では、旅慣れたお客様に、気配りの行き届いたパーソナルサービスをお届けしています。当ラウンジは、21階に位置し、シュエダゴン・パゴダの眺めを何にも邪魔されずにご覧いただけます。また当ラウンジは、490平方メートルに拡張され、座席数が増え、2つのプライベートミーティングルームも増設されました。

また、「ホライゾンクラブ」の特典として、「ホライゾンクラブラウンジ」のプライベートチェックイン・チェックアウトをご利用いただくことができます。またノンアルコールドリンクや無料のWi-Fi インターネット接続もご利用いただくことができます。さらに18階から22階にある「ホライゾンクラブ」フロアにご宿泊のお客様には、無料の朝食、ご到着時のインルームワインおよびスナック、スーツプレス、フレッシュフルーツなど様々な特典をお楽しみいただけます。
「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン」 エリア総支配人 フィリップ・アレキサンダー・カーバラスは次のように述べています。「ヤンゴンという望ましい場所で、ラグジュアリーをさらに追求し、細部にシャングリ・ラを象徴する要素を取り込んだ『スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン』を見ることができることに胸がはずんでいます。私たちは今までと変わらず、お客様、お一人お一人にとって初めての経験をご提供できること、訪れた人が地元の文化に溶け込む手助けできることを楽しみにしています。」

「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン」のリブランディングを記念して、「Celebration Package」をご提供いたします。2014年7月31日までご利用いただける、当パッケージを利用すると、1泊US$215 (税金とサービスチャージが加算されます)から、お部屋をご利用いただけます。また「デラックスルーム」を最低2泊以上ご利用で、空港からのお迎えまたはお見送りのいずれかのサービスがご利用でき、ホテルのお食事やお飲み物、ランドリー、「ビューティーセンター」でのマッサージサービスなどにご利用いただけるUS$40のホテルクレジットもご利用いただけます。さらにシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツのロイヤルティプログラム「ゴールデンサークル」会員のお客様は、2倍のゴールデンサークルアワードポイントを獲得することができます。ご質問や更なる情報は、「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン」の電話番号: (95 1) 242 828またはE-mail:ssyn@shangri-la.comをご利用ください。

香港を拠点とし、世界トップのホテル企業の1つであるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは現在、「シャングリ・ラ」のブランド名で、98軒のホテルを所有・運営し、総客室数40,000以上を有しています。40年に渡り当グループでは、「シャングリ・ラ ホスピタリティーは人を思う心から」の精神をもってお客様をおもてなししてきました。現在当グループは、中国、カンボジア、インド、ミャンマー、フィリピン、サウジアラビア、スリランカでプロジェクトが進行中です。ご予約やご質問等は各旅行代理店、またはwww.shangri-la.com/jp/までお問合せください。