Press Release

プレスリリース

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ、新設ホテルの起工式実施 ミャンマー・ヤンゴンに2軒目のホテルを開業 「レイクサイド シャングリ・ラ ヤンゴン」 2017年にオープン

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ(本社:香港 代表取締役社長:グレッグ・ドーガン)は、2017年にミャンマー最大の都市ヤンゴンで当グループ2番目となる、「レイクサイド シャングリ・ラ ヤンゴン」を開業いたします。350の客室を擁し、「カンドージー湖」のほとりに建てられる「レイクサイド シャングリ・ラ ヤンゴン」からは、光り輝く「シュエダゴン・パゴダ」や「カンドージー湖」越しの素晴らしい眺めをご覧いただけます。

「レイクサイド シャングリ・ラ ヤンゴン」の起工式は、2013年12月8日に執り行われました。当ホテルはシャングリ・ラ グループが運営している「シャングリ・ラ レジデンス ヤンゴン」の近くに位置します。香港を拠点とするシャングリ・ラ グループは、334室を擁する「トレーダースホテル ヤンゴン」を1996年に開業して以来、ミャンマーで事業を展開しております。

シャングリ・ラ インターナショナル ホテル マネジメント リミテッド 代表取締役社長グレッグ・ドーガンは、次のように述べています。「ミャンマーの経済資産への国内外の投資の堅調な増加により、ヤンゴンは重要な商業の中心地となるでしょう。ヤンゴン市内の風情ある建物、伝統的な建築様式、興味深い歴史など、ヤンゴンには多様な魅力があります。私たちは『シャングリ・ラ ホスピタリティーは人を思う心から』の精神でお客様をお迎えし、ヤンゴンの観光により一層貢献できることを楽しみにしています。」

「レイクサイド シャングリ・ラ ヤンゴン」は、350の客室とスイートに加えて、3つのレストランおよび2つのバー、豊富な会議施設、ヘルスクラブ、さらに屋外プールを完備する予定です。またお客様は当ホテルから、「カンドージー湖」周辺に44.5ヘクタールの広大な「カンドージー自然公園」、動物園の「ヤンゴン ズーロジカル ガーデンズ」へも気軽に足を運ぶことができます。

香港を拠点とし、世界トップのホテル企業の1つであるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは現在、「シャングリ・ラ」のブランド名で、80軒以上のホテルを所有・運営し、総客室数34,000以上を有しています。40年に渡り当グループでは、「シャングリ・ラ ホスピタリティーは人を思う心から」の精神をもってお客様をおもてなししてきました。現在当グループは、中国、インド、モーリシャス、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、カタール、スリランカでプロジェクトが進行中です。ご予約やご質問等は各旅行代理店、またはwww.shangri-la.com/jp/までお問合せください。