Press Release

プレスリリース

今春、ロンドンを象徴する新しいホテルが市内にオープン</br>「シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドン」、2014年5月6日に開業

シャングリ・ラ  ホテルズ&リゾーツ(本社:香港 代表取締役社長:グレッグ・ドーガン)は、「シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドン」を2014年5月6日にオープンいたします。歴史が深い英国ロンドンのテムズ川南岸のほとりに位置し、306メートルの高さを誇るガラス張りの「ザ・シャード」にこの度オープンする「シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドン」は、当グループにとって、2010年開業の「シャングリ・ラ ホテル パリ」、2013年開業の「シャングリ・ラ ホテル イスタンブール」に続き、ヨーロッパで3軒目のラグジュアリーホテルです。

西ヨーロッパで最も高く、ロンドン初の高層ホテルになる「シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドン」は、72階建ての「ザ・シャード」の34階から52階を占めます。当ホテルの現代的なインテリアデザインは、レンゾ・ピアノ氏が設計した「ザ・シャード」とホテルからの眺望をさらに引き立てます。当ホテルからの眺めは、ロンドンの他のホテルと一線を画し、「セント・ポール大聖堂」や「タワーブリッジ」、「英国国会議事堂」など、ロンドンを象徴するランドマークを全方向からお楽しみいただけます。

シャングリ・ラ  ホテルズ&リゾーツ 代表取締役社長 グレッグ・ドーガンは、次のように述べています。「私たちのヨーロッパへの継続的な拡張は、シャングリ・ラのブランドのさらなる発展を表しています。『ザ・シャード』はロンドンの新たなランドマークです。私たちはお客様が、当ホテルと周辺地域に訪れていただけることを願っております。また私たちが、サウスバンクコミュ二ティー(英国ロンドンのテムズ川南岸の地域一帯)とサザーク・ロンドン特別区の継続的な発展に欠くことのできない存在になれることを大変嬉しく思います。」

「シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドン」は、展示されている広範な美術品や、当ホテルのスカイロビーの中にある34階から35階に繋がる大階段、その大階段の床から天井まである窓など、細部まで配慮してデザインされています。

お客様は、セント・トーマス・ストリートに面するホテル専用の入り口から、35階のスカイロビーまで直接、高速エレベーターで上ることができます。細部にアジアのデザインを取り入れたロビーとロビーラウンジは、シャングリ・ラの伝統が反映され、アジアと英国の著名な芸術家によって手掛けられた現代美術と古典美術の作品が飾られています。

当ホテルの36階から50階に位置する202のゲストルームとスイートは、ロンドンでは最大級の広さを誇ります。「ザ・シャード」のらせん形の形状により、30平方メートから188平方メートルの広さを誇る広々としたゲストルートとスイートは、それぞれ独特なレイアウトとデザインがなされています。全ての客室には、ロンドン市内を見渡すことができる床から天井までの窓や、床暖房が完備された大理石張りのバスルーム、独立したバスタブ、アクア ディ パルマ バスアメニティ、さらにバスルームのミラーテレビなど様々な設備を備えています。また3分の1以上のバスルームからは、ロンドンの街並みをご覧いただけます。

「デラックスルーム」、「プレミアルーム」、「グランド プレミアルーム」、およびスイートの北側から、ロンドン市内の象徴的なランドマークの景観がご覧いただけます。また「スーペリアルーム」とスイートからは、活気に満ちた南側の街並みと歴史深いケントやサーレイとサセックスの眺望を広範囲に渡ってご覧いただけます。

9月に開業予定の3つのスイート(「スーペリアスイート」、「デラックススイート」、「シャングリ・ラ スイート」)からは、非常に美しい眺めをお楽しみいただけます。全てのスイートから「セント・ポール大聖堂」、「タワーブリッジ」、テムズ川沿いの「O2アリーナ」がご覧いただけます。また39階に位置する当ホテルで最もラグジュアリーな「シャングリ・ラ スイート」からは、ロンドン市内の景観を180度見渡すことができます。「ウェストミンスター寺院」と「ビッグベン」から「ロンドン塔」まで、「カナリー・ワーフ」、「テート・モダン」、「シェイクスピア グローブ座」、「河港都市グリニッジ」など、曲がりくねったテムズ川沿いの景観が楽しめます。

当ホテルには、3つの料飲施設があります。52階にあるロンドンで最も高いバーで、「斗栱(ドウゴン):中国の木造建築で使用される部材、組物」に名前が由来する「ゴング」は、中国古来から多くの建築物に用いられてきた木製の升を前後左右に組み合わせた斗栱がバーのインテリアに施されています。中国語でリビングルームという意味の言葉に由来する「ティング」は35階にあるレストランとラウンジです。さらに地上階に位置し中国語の「廊」という言葉に由来し、地上階に位置する「ラング」では、アルティザン デリをご利用いただけます。また52階には、24時間営業のジムとロンドンで一番高い場所にある室内プールがあります。「ゴング」とともに52階は、7月1日にオープン予定です。

テムズ川に面した、34階に位置する3つのイベントスペースは、最新鋭の技術を備え、ロンドン市内の素晴らしい眺めとケータリングサービスをお楽しみいただけます。最も広い「レン」は、140名様まで施設をご利用いただけきます。また「イー」では10名様まで、「リー」では35名様まで施設をご利用いただけます。また「セント・ポール大聖堂」から先の市内を見渡すことができる34階と35階を結ぶ大階段は、ウエディングの写真撮影には最高のロケーションです。

シャングリ・ラ  ホテルズ&リゾーツ エグゼクティブ・バイス・プレジデント、「シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドン」総支配人 ダレン・ギアリングは次のように述べています。「私たちが何年も前から計画と準備を進めてきた、『シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドン』を5月にオープンできることに感激しております。当ホテルからの感動的な眺めは、お客様の心を惹きつけ、私たちのおもてなしの精神が、当ホテルを世界の最高級ホテルの一つに位置付けるでしょう。」

「シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドン」は、3月17日から客室、イベント、レストラン、およびラウンジの予約を承ります。お部屋のレートは一泊一部屋£450(付加価値税を含む)からとなっています。


受付窓口は下記の通りです。
<お部屋のご予約>
Email:reservations.slln@shangri-la.com
電話番号:+44 (0) 207 234 8088
「シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドン」のホームページ:www.shangri-la.com/london

<イベントのご予約>
Email:events.slln@shangri-la.com
電話番号:+44 (0) 207 089 5513

<レストランのご予約>
Email:ting.slln@shangri-la.com
電話番号:+44 (0) 207 234 8000

日本語の対応をご希望のお客様は、シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツのカスタマーセンター:0120-944-162をご利用ください。

香港を拠点とし、世界トップのホテル企業の1つであるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは現在、「シャングリ・ラ」のブランド名で、85軒以上のホテルを所有・運営し、総客室数36,000以上を有しています。40年に渡り当グループでは、「シャングリ・ラ ホスピタリティーは人を思う心から」の精神をもってお客様をおもてなししてきました。現在当グループは、中国、インド、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、カタール、スリランカ、アラブ首長国連邦でプロジェクトが進行中です。ご予約やご質問等は各旅行代理店、またはwww.shangri-la.com/jp/までお問合せください。